blog

守安さんの家 style_7

お客さんに、引っ越し後の様子を取材させていただく企画。

7回目は岡山の出版社、吉備人出版で編集者をされている守安涼さんです。

P2090446
 

―引越しのきっかけを教えて下さい。

「足守の実家で暮らしていたのですが、二人目の子供が生まれることになり、引っ越しを考えるようになりました。」

 

―いつ頃から、どのような条件で探していたんですか?

「2015年の夏くらいから、具体的に考え始め、内見に行くようになりました。

エリアは実家から近いところを見ていました。

上の子が小学生なので、転校はさせたくなかったんです。

賃貸にするか、中古を買うか、実家の敷地に家を建てるか、いくつかの選択肢の中で考えていました。」

 

2015年の10月、最初に守安さんから問合せをいただいた物件は、築50年を超える戸建の賃貸でした。

古民家の雰囲気を気に入られたのですが、ちょっと間取りが使いづらく、決定には至りませんでした。

そこから数件、一緒に物件を見てまわり、色んな話をしました。

僕が匙さん主催のおはよう市でやっているブックトレードに、僕が好きそうな本を持ってきてくれたこともありました。

交流をしていく中で、守安さんには、きっとこんな家がいいんだろうなあというイメージはできていました。

ただ、これといった物件がなかなか出てきません。

正直、停滞していました。。

 

2016年の4月、1件の中古住宅が出てきます。

土地の面積115坪、築30年の家。

早速、見に行きました。

P2090504
 

P2090435
 

P2090480
 

―内見したときの印象はどうでしたか?

近くに親戚が住んでいるので知っている場所でした。

また子供の学区は違ったのですが、隣接している地域のため転校はせず、卒業まで通うことができると分かっていました。

間取りは使いやすそうだし、お庭も広そう。

見に行く前から、生活のイメージはできていました。

実際に見てみると、想像以上に良かったです。」

 

―どのあたりが良かったですか?

「広いお庭と、その向こうに田んぼが広がる景色は、すごく気持ちよくて。

家は築30年経っていたけれど、売主さんが大事に住んでいたので、大きなリフォームは必要なさそうでした。

あとは玄関にある木製の網戸や、脱衣所や台所にあるガラスの建具、小さな縁側、障子から差し込む光の感じも良かった。

すぐに決めることができました。」

 

P2090528
 

P2090560
 

―購入後、どこかリフォームはされましたか?

「お風呂はリフォームしました。

あとはキッチンのレンジフードや畳も新規で交換しました。

茶の間にある障子はボロボロに破れていたので、建具を庭で洗って全体にヤスリがけをして自分で障子紙を張り替えました。

また父が建築の仕事をしているので、畳からフローリング(無垢のバーチ材)に変えてもらった部屋もあります。

自分でえごま油を塗ったのですが、次の日アリだらけになっていたときは焦りました。(笑)」

 

P2090594
 

P2090604
 

P2090620
 

P2090631
 

―住み始めてみていかがですか?

「引っ越してまだ2ヵ月なんですが、もっと前から住んでいるような気がします。

庭では3家族が集まってバーベキューをしました。

夏場は虫やカエルがよく鳴いていました。

大きな白鷲もくるんですよ。

家の中は、本当に風通しが良くて。

冬はちょっと寒いのかな。

それも含めて楽しみたいと思います。」

 

P2090691
 

P2090711
 

―これからやりたいことはありますか?

「茶の間の土壁を塗り直したいのと、子供部屋をきれいにしてあげたいです。

上の子には、自分の部屋以外にもお気に入りの場所があって。

2階に小さな屋根裏部屋があるんですが、そこに本を持ち込んでくつろいでいます。」

P2090727
 

 

P2090736
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

 

守安さん、取材ご協力本当にありがとうございます。

 

守安さんがお勤めの吉備人出版さんは、Jテラスカフェ(岡山大学津島キャンパス)で開催される、

「第1回瀬戸内ブッククルーズ イチョウ並木の本まつり」に出展されます。

Briséesさん(旧MILBOOKS)ぜろどーなつさんも参加されます。

本まつり01
 

本まつり02
 

日時 2016年11月12日 土曜日 10:00 – 16:00
会場 Jテラスカフェ(岡山大学 津島キャンパス内)
住所 〒700-0082 岡山県岡山市北区津島中1丁目1−1
電話 086-253-0567(Jテラスカフェ)
入場 無料

 

僕はぜったい行きます。

みやけ

おもち(文鳥)の日々 ⑥

2016年5月12日から家族になった、おもち(文鳥)の日々のまとめ。

●2010729
 

●P2010736
 

●P2010962
 

●P2010979
 

●P1990096
 

●P1990092
 

●P1990100
 

●P1990319
 

●P1990431
 

●P2000656
 

●P2000648
 

●2010593
 

●P2010611
 

●P2010642
 

●P2000671
 

●IMG_0552

ドーナツ工房と写真スタジオ 改装計画 ③

「ドーナツ工房と写真スタジオ 改装計画」、完成写真をUPしましたので、最後のまとめと合わせてご覧ください。

P2090116
 

P2090031
 

P2090057
 

P2090131
 

P2090071
 

P2090155
 

P2090196
 

P2090236
 

P2090229
 

P2090253
 

P2090280
 

P2090274
 

P2090295
 

All photos by タルト不動産/タルトデザイン

 

1850215 before

1850231before

1850198before

 

「ドーナツ工房と写真スタジオ 改装計画 」 

加藤晋平さんの写真スタジオと、加藤奈津子さんのドーナツ工房(ぜろどーなつ)。

不動産の仲介から、内装のデザイン・工事までお手伝いさせていただきました。

 

もともと文房具屋さんだった2階建ての細長い木造の建物。

最初に見に行ったときは、まだ棚や物が残っていて、埃っぽくて、薄暗くて。

加藤さんも、きっとイメージしずらかったと思います。

それから約2ヶ月ほど、賃貸の契約と並行しながら、じっくりと内装の打合せを重ねました。

 

オーナーさんには、看板や棚の解体、処分にご協力をいただきました。

加藤さんはお友達と一緒に、壁・天井の塗装、2階の壁の造作工事をされました。

タルト不動産/タルトデザインは、1階の建具、壁の造作工事、厨房周辺の改修・改装工事、トイレの新設工事、電気設備のアップデートを行いました。

色んな人たちが関わって、約2ヵ月。

無事に完成することができました。

 

プロジェクトに関わった人たちが集まって行われた、打ち上げの様子です。

P2080041
 

僕はこの光景を見たときに、15年くらい前のことを思い出しました。

それは雑誌で見かけた、東京のある不動産屋さんの記事。

使われなくなった2階建ての倉庫を、スケルトンにして、真っ白に塗装して。

事務所として利用しながら、時にはイベントを開催していました。

世間から忘れられた建物だったのに、人がたくさん集まっていて。

そこをきっかけに、近くに新しいお店や事務所が増えていって、街まで変わっていきました。

僕はいつかこんな仕事をしたいと思いました。

 

今回の建物は、見た目も使われ方も、その記事で見た建物と本当によく似ていたんです。

自分の原点を思い出すことができました。

 

Kato Shinpei Photo

ぜろどーなつ

 

みやけ

——————————————————————————————————————————————————————————————————————

■所在地 : 岡山県岡山市北区富田町

■構造 : 木造

■面積 : 89㎡(26.92坪)

■不動産仲介・デザイン・内装工事・撮影 : タルト不動産/タルトデザイン

”POTTO” 山本さんの家 ④ style_6

お客さんに、引っ越し後の様子を取材させていただく企画。

6回目はファッションデザイナー、POTTOの山本哲也さんです。

タルト不動産/タルトデザインは、キッチン、お風呂など、古くなった設備関係のアップデートをお手伝いしました。

その他の、解体から床や壁の張替え、塗装、洗面台の作成などなど、ほとんどは山本さんが自分でされています。

●P2080692
 

●P2080698
 

●P2080707
 

山本さんは、5年ほど前に東京から岡山へ移住されました。

きっかけは2011年の震災。

移住支援をしている団体の紹介で、備中高松の家に引っ越すこととなりました。

そこで住みながら、制作をしながら、時にはお店もするという生活が始まります。

 

―今回、新たに家を取得されるまでの経緯を教えて下さい。

「備中高松の家は、最初から居住できる期間が決まっていました。

いずれは引っ越しをしないといけなかったので、次の住まいは探していたんです。

そんな時に、以前は民宿をしていた建物が空家になっていることを知りました。

知人のつてをたどっていくと、所有者さんとお話ができ、購入することになりました。

でも、長く人は住んでいなかったし、傷みも結構あったので、そのまま引っ越す訳にはいかず。。

ちょうどそんな時にタルト不動産を知りました。

サイトを見ていると、リノベーションされてきれいになった平屋が気になりました。

住まいは借りて、こっちはアトリエにしようかなど、色々考えました。

結果的には、やはりこの家を何とかしようと思うようになりました。」

 

P1560599
 

最初、山本さんからは賃貸物件に問合せがありました。

同時に、所有されている元民宿の建物についても相談がありました。

その建物は長く使われていなかったので、住むことに不安をお持ちのようでした。

そこで一度現地を見させてもらい、住めるようにするにはどれくらい費用が掛かるのかをご提案しました。

打合せをしていく中で、徐々に不安は解消されていったのだと思います。

 

また山本さんは、自分でできそうな工事は自分でするとおっしゃっていました。

元民宿だけあって広い建物なので、大変だろうなと思いながら、

僕は個展で山本さんの作品を見ていたので、どんな家になるのかすごく楽しみでした。

 

 

―大工仕事の経験はあったんですか?

「全然ないんです。本を何冊か買って読んだり、インターネットを見たりしながらやりました。」

P1720128
 

 

―工事の過程で、何が大変でしたか?

「解体したり、下地を組んだり、地味で成果の見えにくい作業は本当に大変でした

あと天井の板張りも、一人でやるのはきつかったです。

明るいうちは改修をして、夜になったら備中高松の家に戻って服の制作をしていました。

今年の3月くらいから始めたのですが、途中で瀬戸内国際芸術祭の展示もあったので、2ヵ月くらい何もやっていない期間があったり。

9月に入ってやっと引っ越しできました。」

 

●P2080718
 

●P2080774
 

―引っ越してみていかがですか?

「まず子供がとても喜んでくれました。

子育ての環境は気になっていたので、落ち着く場所ができて良かったです。

あと前の家はちょっと湿気が多かったのですが、ここは風通しが良くて気持ちいですよ。」

 

「山が近い場所なので、庭に大きなヘビがいてびっくりする時もあります。

倉庫の扉を開けるときは、そこにいるものと思って、そーっと開けるんです。笑」

 

●P2080749
 

●P2080790
 

●P2080781
 

●P2080919
 

●P2080893
 

●P2080816
 

●P2080852
 

P2080845
 

―これからやりたいことはありますか?

次は、2階を仕事場に改装しようと思っています。

あと廊下の天井も張らないといけないし、家具も欲しいし。。

まだまだ、これからです。」

 

 

山本さんは瀬戸内国際芸術祭2016に作品を出展しています。

場所は宇野港にある、おまち堂さんの隣です。

秋会期は11月6日(日)まで。

10/30(日)10:30~は、『山本哲也(POTTO)出会い系ファッションショー』も開催です。

 

山本さん、取材ご協力本当にありがとうございます。

 

みやけ

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

1 / 21.2.最後 »