続・続・Y字路と電柱についての考察

前回の続きです。studio juna重名君のおもしろい考察です。ぜひ読んでみてください。何かしら発見があるかも。。

僕も近日中に、一連の流れをまとめようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

top
横尾ビュー(前回参照)においては、V字に道が分かれてその間に
建物があるという見え方が定番パターンなのですが、
そのまま真っ直ぐ道を伸ばして、建物をふたつに分けてみました。
道とは言ってもこれは敷地の中にあるわけですから、
道路的な見え方はしているけれどもプライベートな性格を持ち合わせた径(みち)になります。
敷地の仕上を道路と同じアスファルトにしていることもポイントで
道路と敷地、街と家との境界を曖昧にしています。
径があることで視線が抜けるので、マイ電柱の存在感もキープしつつ、
その向こうに一本の木が見えるという独特な構図を獲得できるわけです。
では、建物の中を見ていきましょう。

 

living2
径を挟んで2つの三角形の建物が、2階のブリッジでつながっているという構成です。
2階へは左側の三角形からしか行くことができないので、
1階の右側の三角形は独立したハナレのような性格の空間になっています。
どんな生活が想像できるでしょうか。

右側の三角形は小さいながらもキッチンとシャワースペースがあるので、
ここだけでひとつの住戸として使用することができます。
径を中庭のようにとらえて、2世帯で暮らしてみたり、
径を挟んだ御近所さん感覚で、賃貸に出すこともできます。
初めての一人暮らしをする学生には、味気ないワンルームアパートよりも安心できる「家」になるのではと思います。
airbnbのようなしくみを使ってゲストルームにするのも良いかもしれません。
いずれにせよ、径は豊かなコミュニケーションの空間となるはずです。

 

living
自宅で小さなお店をやってみたい人や、自宅を事務所として使いたい人にもぴったりです。
自宅(左側の三角形)から仕事場(右側の三角形)へ行くには一度外部空間に出ることになるので
生活モードと仕事モードの切り替えのきっかけにもなります。
もちろん、テナントとして貸し出しても良いです。

 

table
他にも、径を縦断して左右の三角形をひとつの空間として使ってホームパーティをしたり、
普通の家ではできそうにないような使い方も素敵かもしれません。
個人的な意見ですが、一般的な住宅は、ここがリビング、ここが寝室、というように
使い方が決められていることが多く、それ以外の使い方をなかなか許容してくれません。
もっと自由に、住み手の想像力を刺激するような空間をつくりたいなと僕は日々考えています。
あまり説明しすぎると、みなさんの想像の邪魔になるかもしれないので
今回はここらへんまでにしておこうかと思います。

最後に、これはあくまでここでの暮らしの可能性のひとつにすぎず、
住む人に合わせてちょっとだけ変更することはもちろん、ガラッと変えることも可能です。
気になった方はstudio junaかタルト不動産にお気軽にお問い合わせください。

studio juna
http://studio-juna.tumblr.com/

タルト不動産
http://taart-design.com/

 

written by  studio juna

続・Y字路と電柱についての考察

先日の「電柱のこと②」の続きです。

studio junaの重名くんが、僕の投げかけに答えてくれたので紹介します。

電柱って言われても興味ない人が多いと思うけれど、僕は重名君と話していてすごく楽しかったし、たまには街のこと暮らしのことを考えてみてもいいんじゃないかと。。

2回に分けてくれるみたいので、ぜひ読んでみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはこちらをご覧ください。

と、いうことで、「電柱のあるY字路における暮らしの可能性について」をテーマに
ちょいとばかり僕なりに考えてみました。

P1110844
 

この敷地で最も気になるのは、やはりY字路の交点に立つ電柱です。
電柱は道路に立っているのが普通と思いこんでいたので
こういう立ち方もあるんだなと思うと同時に、この李禹煥の作品のような堂々とした立ち方が気に入りました。
電柱や電線が街の景観を乱しているという意見もあるようですが
京都のような歴史的な街並みが残っている地域ならまだしも
ほとんどの市街地では電柱がなくてもすでに景観は乱れているので、
景観の乱れを電柱や電線だけのせいにするのは
ちょっとかわいそうだなというのが私感です。
道路に立っていることで邪魔者扱いされることが多い電柱ですが
敷地の中に立っていることで、これは自分の電柱なのだという愛着(錯覚?)すら湧いてきそうです。
(電柱はあくまでも電力会社やNTTのものですので私物化しないようにご注意を。)

横尾忠則の作品のような視点に立てば(以下、横尾ビュー)
Y字路の敷地にたつ建物からは、ある種のシンボル性というか、キャラクター性を感じることができます。
一本の電柱でさえシンボリックに見えてきます。(おそるべし横尾ビュー!)
横尾ビューにおける新しい建物の見え方、つまりは建物のたち方、街とのかかわり方はないものかと
次のようなものを考えてみました。

11707883_916598911746237_4647589824182377069_o
詳しい説明は次回にしますので、
それまで平面図を見ながらここでの暮らしを想像してみてください。

written by  studio juna

 

 

電柱のこと②

2週間前に、「電柱のこと①」というタイトルのコラムを書きました。

P1110844

簡単にいうと、Y字路のど真ん中に立ってる電柱が、せっかくの景色を遮っちゃうという問題(僕の勝手な問題意識)なのですが、建築家やデザイナーはどう思うのかなと思って、先週、建築やプロダクトのデザインをしているstudio junaの重名くんに、フェイスブックでこの話を振ってみました。

 

●コラム:Y字路の魅力→http://goo.gl/BWXCTq

●コラム:電柱のこと①→http://goo.gl/2crVSW

 

そうすると重名くんからは、以下の返答がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タルト不動産の三宅さんから、この土地についてどう思うかというキラーパスが飛んできました。
見てみると、Y字路、電柱、小学校の緑など、なかなか面白そうな要素があるので、
ここを敷地にしたらどんな暮らしの可能性があるかしらと考えてみることにしました。

Y字路というと、三宅さんのコラムにも書いてありましたが、横尾忠則の「Y字路」という作品が思い浮かびます。
全体の色彩と2方向にのびていく道の先の暗さ、
その間の地形に合わせた不思議なかたちの建物の関係性がなんとも怪しくて良いです。
一般的な不動産の見方では、Y字路のような変形した土地への評価は低いようですが
土地と街との接し方は可能性に満ちていて、僕にはとても魅力的に感じます。

この敷地を見たとき、ちょうど角っこに立つ電柱が僕にはとてもシンボリックに見えました。
電柱って一般的には道路に立っているというイメージでしたが、
これは敷地の中に遠慮なく立っていて、ふてぶてしい感じがなかなか良いなと思いました。
電柱や電線は景観を壊すという理由で邪魔者扱いされることが多いですが
電柱がないからといって景観が良くなるとは限りません。
画家の山口晃さんは電柱をモチーフにした作品を度々制作しています。
電柱に何らかの強い魅力を感じているのだと思います。

Y字路、変形敷地、電柱のように、ネガティブに扱われがちな要素がある土地の価格は少しリーズナブルです。
つまり、これをポジティブな要素として感じられるデザインを考えることができれば
土地を安くゲットしつつ、ここでしかできない空間のかたちをつくることができるわけです。
では、どんなかたちが考えられるでしょうか。 つづく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

意外にも電柱をポジティブに捉えていて。山口晃さんの引用なんかもおもしろいなあと。

 

なぜ重名くんにこの話を振ってみたかというと、彼は自分のHP内でデザイン893プロジェクトという企画をやっています。

デザイン893は街で気づいた課題や可能性に対して、誰にも頼まれていないのに重名くんが勝手にデザインして
勝手に発表していくプロジェクトです。

重名くんは考えていることが似てるし、勝手にこんなこと発表してるんだから、きっと僕の問題意識にも何か返してくれるんじゃないかなと思ったんです。

そして、昨日会ったときに、このY字路で家を建てるとしたら、どんなことが考えられるのか、彼のアイデアを教えてもらいました。

自分が思っていたこととは、全然違っていてすごくおもしろかった。

また二人でワイワイ話している時間がすごく楽しかった。

せっかくだから、近いうちにみなさんにも紹介したいと思っています。

 

studio juna a.k.a 重名空間計画→http://studio-juna.tumblr.com/

 

みやけ

総社商店街筋のこと-茶舗

総社商店街の空家調査をしながら、商店街のお店に入って、色々なお話をうかがっています。

店舗数は減っていますが、おもしろいお店もたくさんあって、ちょっとご紹介。

総社宮からは少し離れまして、総社駅に近いあたりにあるお茶屋さん。タルト不動産のすぐそばです。

 

P1170279妹尾月仙堂さん 

Google-マップ総社市中央2-9-32

お茶屋さんって、茶道を少しやっていたので、全く馴染みがないわけではないけれど最近全然やっていないし、、茶葉を買う習慣はないから、一度も入ったことはありませんでした。

おそるおそる戸を開けて、ご挨拶させてもらうと、二代目の店主さんが優しく迎えてくださって、パパッと手際よく急須で煎茶を入れてくださいました。

私、恥ずかしながら、一口で飲めそうな小さな茶碗で、煎茶を飲むということをやったことがありませんで。。

きっと煎茶にも作法とかあるんだろうけれど、抹茶に比べて、やっぱり大衆的な気がして。

店主さんと色んな話をしながら、ちょっとずつ手間を掛けて飲む感じがすごく新鮮でした。

そして何よりも入れてくださったお茶の深みにびっくり!しばらく口の中にお茶のいい香りが残るんです。

また急須、茶筒、茶碗など、その楽しみ方も教えてくださって。。たぶんはまるんでしょう。。

P1170251開化堂の銅の茶筒がめちゃかっこいい!

 

お茶ってペットボトルでも売っているし、わざわざ茶葉を買おうなんて思っていなかったけれど、それは手間と時間とお金を掛ける意味が分かっていなかったから。。

おいしいお茶と、楽しい会話、なんと贅沢な時間。。

 

P117026590歳になる初代登場!

 

1時間くらいいましたが、次々にお客さんがいらっしゃるんです。お話を聞くと、遠方からもこられるみたい。

知ってる人は知ってるんだなあ。。

きっとまだまだ奥深い世界だから、通って教えてもらおうと思います。

 

IMG_3658

よく分かんないので、とりあえず店主さんにお勧めしていただいた雁音という茶葉を購入。ポピュラーらしいです。

粗品でいただいたふきんもめちゃかわいい!

 

みやけ

バックナンバー

column

project

Office renovation in Kojima

Apartment renovation in Kokutaicho

Apartment renovation in Kokutaicho 02

Apartment renovation in Kokutaicho 03

Apartment renovation in Koseicho

Apartment renovation in Kurashiki

Apartment renovation in Nakaicho

Apartment renovation in Omotecho

coffee & sweets

shop-in-uematsu

Shop renovation in Omotecho

Shop renovation in Soja

Shop renovation in Soja 02

Shop renovation in Soja 03

Shop renovation in Soja 04

Shop renovation in Tenjincho

Shop renovation in Higashi Shimada

workshop & studio

House in Yakage

House Renovation in Soja

semi-order of the apartment01

semi-order of the apartment 02

semi-order of the house 03

NAKASANGE BLDG

"POTTO" Yamamoto's house

INOBE

Room on a small bookstore #201

Room on a small bookstore #202

Kitchen Nekomachi

Kokorone

KURA BLDG

Okayama Urban Studies Orchestra

Renovation of keitetsu apartment

Renovation of Small Flat House

Daiwa House of house

architecture

art

lifestyle

news

scene

Omochi

soja

think

business partner

article recruitment