ごはん屋「匙」 style_16

タルト不動産を利用してくださったお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

16回目は、総社のごはん屋「匙」さんです。

タルト不動産/タルトデザインは、物件の仲介と内装工事をお手伝いさせていただきました。

_H5O0675
 

この場所は、アトリエ・小劇場のつぎというタイトルで募集していました。

●P1730737before(写真:taart design)

●P1730598before(写真:taart design)

 

建築家であるオーナーさんが、自らデザインした2階建ての建物。

以前は、設計事務所・住居・アトリエとして利用されていました。

 

2016年の11月、匙さんからこの物件を内見したいと相談がありました。

匙さんは、その頃、総社商店街筋の旧堀和平邸の中で営業されていて、

僕は匙さんが主催している朝市でブックトレードをしていました。

 

-実際に内見をしてみていかがでしたか?

「実はこの建物のことは、7~8年前から知っていて、素敵だなあと思っていました。

そうしたらタルト不動産のサイトに掲載されたので、ぜひ中を見たいと思ったんです。

実際に内見してみると想像通りで、すぐにここでお店をするイメージができました。」

 

それから賃貸条件の整理、内装工事の打合せを重ね、

2017年の9月、オープンを迎えました。

_H5O0781
 

5O0776dd
 

_H5O0677
 

_H5O0690
 

-どんなお店になりましたか?

「匙では地元でとれる季節の野菜を中心とした、

体に優しいごはんをお出ししています。

基本的にはお昼の営業で、メニューは週替わりの匙ごはんのみになります。

月に1度は、夜の営業もしています。

 

他にはミュージシャンの方に来ていただいて演奏会をしたり、

ワインや日本酒を楽しむ会など、不定期で開催しています。

 

また月に一度、おはよう市を開催しています。

場所は匙ではなくて、吉備路もてなしの館ですが、

パン、スイーツ、野菜や魚、雑貨など、個性的なお店が並びます。」

 

_H5O0707
 

_H5O0720
 

_H5O0715dd
 

-そもそも、お店をはじめたきっかけを教えてください。

「昔からものづくりが好きでした。

子供が10歳になるころには、自分でお店を持ちたいと思うようになりました。

初めてのお店は総社商店街筋の宮筋文化堂です。

古道具や雑貨を販売していました。

徐々にカフェをするようになって、軽食を出すようになりました。

それから場所を同じ商店街筋の旧堀和平邸に移して、

今のような匙ごはんをつくるようになりました。」

 

_H5O0733
 

_H5O0735
 

_H5O0756
 

_H5O0758
 

_H5O0743
 

匙さんからお話をうかがって、お店の撮影をしたのは6月下旬のこと。

その後、西日本を中心とした豪雨によって、岡山県は大きな被害を受けることになります。

撮影したころとは、状況が大きく変わりました。

8月に入り、改めて匙さんにお話をうかがいました。

 

「匙は高梁川のすぐそばにあるのですが、お店には影響がありませんでした。

ただ、川を挟んで反対側(真備町)は、見たことも無い景色になっていました。

ちょうど雨が降った翌日が、月に一度のおはよう市で、

開催するかどうかすごく迷ったのですが、都合のつくメンバーだけですることにしました。

また急遽、総社の二合半さんの声がけで、避難所への支援物資をあずかることになりました。

当日のお願いにもかかわらず、みなさんたくさん持ってきてくださって。

本当にありがたかったです。

 

少しずつ被害の状況が分かってくると、普通に営業をしていていいのだろうかと思いましたが、

その週は予約も入っていたので、通常通りお店を開けて、

翌週は1週間お休みをいただき、被災地へいきました。

 

現地で片づけを手伝いながら、

これからごはん屋としてできることは何だろうと考えていました。

避難所にいる方からは、食事があってありがたいけれど、もう少し野菜が食べたいという声がありました。

また被災されて総社に避難されている方からは、

片付けに行って帰ってくるとあまり食欲がなくて、ごはんの準備も大変だと聞きました。

ボランティアの方からも同様の話を聞きました。

そこで匙らしい野菜を中心としたお弁当をつくることにしました。

いつものお弁当600円と、小さなお弁当300円の2種類です。

内容は日によって変わります。」

P1890832*いつものお弁当600円(写真:taart design)

 

「野菜は協力をお願いしたところ、ありがたいことにたくさんの提供がありました。」

P1890863(写真:taart design)

 

「8月いっぱいは、このままお弁当屋さんです。

引き続き、畑に残りそうなお野菜がある方は、ご連絡頂けるとありがたいです。

お弁当は数に限りがありますので、ご予約を承ります。

ご予約でない場合も、お電話を頂いてからのご来店が安心です。

(匙 :080-2924-4933)

9月からは通常営業に戻りますので、またぜひご来店ください。」

 

P1890878(写真:taart design)

 

「8月のおはよう市は時間をかえて、夜市になります。

いつもとちょっと違って、お酒やおつまみも出る予定です。

また出店者さんから商品を募って、チャリティーフリーマーケットを考えています。

売上は全額、被災地に寄付させていただきます。

ぜひお越しください。」

 

ごはん屋「匙」さん主催・夜市

●日時:8/11(土)18-21時

●場所:吉備路もてなしの館 岡山県総社市宿418

*夜市の詳細は匙さんのフェイスブックをご確認ください。

 

_H5O0761
 

_H5O0795
 

ごはん屋「匙」

住所:岡山県総社市真壁1437-1

電話番号:080-2924-4933

営業時間、定休日:フェイスブック、インスタグラムをご確認ください。

facebook / instagram

 

匙さん、取材ご協力本当にありがとうございました。

三宅

 

_H5O0770
 

店舗撮影 : Kato Shinpei Photo

総社市真壁店舗 改装工事:完成

総社市真壁の店舗、ごはん屋「匙」竣工しました。

オープンは9月18日(月)です。

詳しい情報は、匙さんのフェイスブックをご確認ください。

P1300066
 

P1300068
 

P1300074
 

P1300089
 

P1300048
 

P1300104
 

P1300110
 

P1300166
 

ごはん屋「匙」

*9月18日(月)オープン

岡山県総社市真壁1437-1

facebook

 

——————————————————————————————————————————————————————————————————————

■所在地 : 岡山県総社市真壁1437-1

■構造 : 木造

■面積 : 54.15㎡(16.38坪)

■不動産仲介・デザイン・施工・撮影 : タルト不動産/タルトデザイン

 

P1310446
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

総社市真壁店舗 改装工事②

厨房エリア、カウンターテーブルの製作。

P1260614
 

P1260622
 

P1270497
 

P1270522
 

最後はお客さんと塗装で仕上げ。

P1290612
 

P1290656
 

P1290695
 

完成まであと少し。

この場所は、ごはん屋「匙」になります。

オープンの詳しい情報は、匙さんのフェイスブックをご確認ください。

 

ごはん屋「匙」

岡山県総社市真壁1437-1

facebook

P1290728

総社市真壁の店舗 改装工事①

総社駅から西へ続く道を、約10分ほど歩いた場所。

建築家であるオーナーさんが、自らデザインした2階建ての建物。

以前は、設計事務所・住居・アトリエとして利用されていました。

 

賃貸の対象は、向かって左側のアトリエ部分。

_P1730746
 

●P1730598
 

劇団も主催されているオーナーさんが、近年は劇場として使っていました。

現在、オーナーさんは拠点を県外に移されたため、

この建物を気に入って、使ってくださる方を募集していました。

 

アトリエ・小劇場のつぎ(募集ページ)>>>

 

2017年5月、入居者さん決定、賃貸契約。

2017年7月、「劇団EBIEさよなら公演」となりました。

 

P1230011
 

この場所での最終公演を、本当にたくさんの方が見にこられていました。

P1230044
 

P1230034
 

P1230023
 

P1230056
 

公演 は盛況のうちに終わりました。

 

このアトリエ・小劇場の次は、ごはん屋さんになる予定です。

きっと、また人が集う場所になると思います。

 

2017年8月、内装工事スタート。

P1250035
 

オープンに向けてレポートしていきます。

 

三宅