blog

白とグレーの部屋(セミオーダー賃貸)

入居者さんが自分でつくる賃貸プロジェクトをレポートしましたが、同じマンションの2階で、また別のプロジェクトが始まります。

進め方はこんな感じです。

●NEWチンタイ
 

一般的には部屋が空くと、リフォームしてから賃貸募集を始めますが、ここではリフォーム前に賃貸募集を始めます。

先に入居者さんを決定して、その方の要望も聞きながら、当初の予算内で部屋をつくっていきます。

リフォームのフォーマットは決まっているので完全オーダーではありません。

僕はセミオーダー賃貸と呼んでいます。

 

リフォーム前はこんなお部屋。

P1700851
 

P1700862
 

P1700881
 

P1700904
 

P1700914
 

間取りは3LDK。

構造は壁式コンクリート造。

ファンシーな壁紙が張られたお部屋でした。

決められた予算の中でリフォームプラン考えると、ここに何かをどんどんプラスしていくことは厳しいと思いました。

そこで、今あるものを剥ぎとって、残ったものを整理して、必要なものだけ足していくことにしました。

幸いにも入居を希望してくださった方は、多少荒っぽい感じや、コンクリートの素材感が好きだと言ってくれました。

 

7月初旬、工事スタート。

まずは枠と建具を白く塗装しました。

P1890664
 

P1890659
 

使用した塗料はチョークペイント

マットな質感がいいし、下地を気にせず、ほとんど何にでも塗れるところもいいんです。

デコール岡山で購入できます。

P1920321
 

続いてコンクリートに直貼りされていた壁紙を剥がしていきます。

写真はまだ裏紙が残っている状態です。

P1900474
 

裏紙を剥がすと、こんな感じ。

コンクリートの躯体が、あらわになりました。

P1900715
 

きれいに剥がれたと思ったら想定外のことが。。

下地を整えるためのパテがベッタリと。。ここまでパテ処理されているとは思っていませんでした。

P1900706
 

P1900707
 

さすがにこのままとはいかないので、スクレイパーでガリガリ削って、水を掛けながらこそぎ落とすことにしました。

P1900730
 

P1900738
 

トータル5時間くらいかけてやっとここまで。。

入居者さんはコンクリートのラフな感じが好きだから、できるだけコンクリートそのままの壁を残したくて頑張ってはみたものの。。

時間は掛かるし、完全には取り切れず、きれいじゃないし。。

 

色々と考えた結果、入居者さんに塗装を提案。

バルコニーに対して縦方向の壁だけ、白く塗ることを了承してもらいました。

P1900839
 

P1900849
 

すっきりしました。

後は床を貼って完成です。

 

みやけ