小さな本屋さんのウエ #202 ②

今までとは違って、ワクワクしているように見えたAさん。

でも、どうすれば自分がイメージする部屋にできるのか。。

僕がお手伝いすることもできますが、Aさんには心強い仲間がいました。

 

お友達の設計事務所、nanome設計室

P1670320
 

P1670264
 

nanomeさんは、古舞さんと松田さんの2人で、新築住宅からリフォーム、リノベーション、店舗の設計まで手掛けています。

P1670304
 

そんな2人が、賃貸の部屋を、入居者さんと一緒に考えてつくります。

これから住む人のこと、その後に住む人のことまで考えてつくります。

P1670291
 

僕はオーナーさん、入居者さん+nanome設計室、それぞれの間に入って、みんながハッピーになるようサポートします。

新しいチャレンジが始まります。

みやけ

 

小さな本屋さんのウエ #202 ① >>>

小さな本屋さんのウエ #201 >>>

 

小さな本屋さんのウエ #202 ①

プリペアドビルの201号室は、長々とレポートしてきましたが、デザイナー佐藤豪人さん(HIDETO SATO DESIGNの事務所としてスタートしました。

P1550660
 

その隣にある202号室も、昨年末に退去が決まっていました。

すでに問合せをくださっているお客さまの中で、ちょうど良さそうな方が一人いました。

 

20代の女性Aさん。

今まで実家に住んでいて、初めての1人暮らし。

最初、問合せいただいたときのメールはこんな内容でした。

 

「”楽しめる住まい”になるようなところを探しています。

間取り自体が変わっていたり、DIYしても良かったり。

そんなお部屋だとワクワクしていいなと思っています。」

 

希望のエリアは岡山市内、大元駅や備前西市駅周辺。

早速、予算内のお部屋をご案内しました。

川沿いの眺めのいい部屋や、古いけれどきれいにリフォームされた部屋など、2回で約10件ほど内見。

中には良さそうな部屋もありました。

でも僕は全然決まる気がしませんでした。

Aさんは初めての部屋探しで楽しそうだったけれど、具体的にその部屋での暮らしをイメージして、ワクワクしているというまでには見えませんでした。

きっと、自分で好きな部屋をつくりたいんだろうなと思いました。

とはいえ、そんなことができる賃貸の部屋なんてまず無くて。

物件探しは行き詰りました。

 

僕は困ったときに、本屋さんへ逃げる習性がありまして、ぷらっと寄ったのがMILBOOKSさん(プリペアドビルの1階)。

タイミングよく、オーナーの福井さんに、「お店の上に、2つ部屋があって人に貸しているけれど、近々どちらも空くから、よかったら相談に乗っていただけませんか?」と声を掛けてもらいました。

しかも入居者さん目線で、部屋を変えたいとのこと。

事務所に戻って、すぐAさんに連絡。

「立地も、予算も、広さも希望にぴったりで、1階に僕の大好きな本屋さんがあって、DIYもOKしてもらえそうな部屋がありました!」

Aさんも興味を持ってくださって、部屋の退去が終わったら、ご案内することになりました。

 

2週間後、一緒に部屋を見に行きました。

玄関を入ってDKと水回り、真ん中に洋室、奥に和室。

間取りは細長い2DKでした。

P1620961玄関入ってすぐのDK。

P1620937洗濯機置場、トイレ、ユニットバス。

P1620927真ん中の洋室。

P1630010洋室から奥の和室を見る。

P1620894奥の和室から洋室を見る。

 

オーナーさんが用意している原状回復用の予算内であれば、要望を聞きながらリフォームできることを話しました。

Aさんの顔は、今までと違って、ワクワクしているように見えました。

つづく…。

みやけ

2 / 2« 先頭.1.2