小さな平屋のリノベーション:プランニング

現在、工事進行中の総社の平屋。今回はプランをご紹介します。

前回、企画のページでも書きましたが、現状のプランは昔ながらの3DK。

前web2
 

最初見たときは、各部屋が小さく分かれていて、ちょっと暗い印象。

しかし和室1、和室2は南に面しており、その先は畑が広がっていて、とても開放的なロケーションです。

そこで、プランを考えてみました。

後web2

(デザインパートナー:studio juna

 

ターゲットは夫婦2人、もしくは3人家族くらいの世帯。

目指しているのは、ゆるやかにつながるワンルームの家です。

和室2は洋室に変更し、ダイニングキッチンの間にある壁を取り払い、日当たりが良く、景色もいいリビングダイニングをつくります。

和室は1部屋だけ残し、和室3は洋室に変更、いらない襖は取り払いカーテンで仕切る予定です。プライバシーを保ちながら、家族を近くに感じられるといいなと思います。

リビングダイニングと洋室の床は無垢の杉板を貼る予定、その他、最終的には塗装と研磨で仕上げていきます。

ご覧の通り、大掛かりなことはしないので、コストは原状回復する費用とそれほど変わりません。現在、工事中なので、僕自身もどうなるのか楽しみながらやっています。

近いうちに入居募集のページをアップしますので、ご興味ある方はぜひお問合せください。

みやけ

小さな平屋のリノベーション:企画

総社市、築50年、56㎡(17坪)の小さな平屋。

P1230455
 

約10年、倉庫として利用されていました。このまま置いておくのはもったいないし、どうするのが良いのかというご相談でした。

既存住宅は古く、傷みがあったため、解体してアパートを建てることも検討されていましたが、土地の面積は60坪と少し小さいため、十分な収益性、安定性を見込めるプランがつくれません。

 

そこで既存住宅をリノベーションして、賃貸することを検討していきました。

幸い駅まで徒歩3分というロケーション、小さいながらも戸建賃貸は需要があります。ただし、室内はこのまま貸せる状態ではありません。

P1230112
 

間取りは昔ながらの3DK。

11901651_929407330465395_1236618523_o
現状では、各部屋が小さく分かれており、ちょっと暗い印象。

P1230406
P1230224
P1230393
P1230114
 

裏には小さな倉庫と畑がありました。

P1230292
 

想定家賃から、リノベーション費用をどれくらいの期間で回収するか計算すると、必然的に掛けられる予算は決まってきます。

しかし、予算を抑えて原状回復しただけでは、よくある貸家の1つとして埋もれてしまいます。

 

そこで主に以下の2点を提案しました。

●既存の建物をできるだけ活かし(残し)ながら、不必要なものをどんどん削ぎ落とし、建物が持っている良さを浮き上がらせ、塗装や研磨によって仕上げていくこと。

●ターゲットを夫婦2人、もしくは3人家族くらいを想定し、明るくオープンな間取りに変更していくこと。

 

費用は最小限に抑えながら、逆に価値を高めていくことを考えています。

また、その様子をリアルタイムでレポートし、早い段階から入居希望者に向けてプロモーションしてみようと思います。

 

9月中の完成に向けて、現在進行形で動いているため、正直まだどうなるか分からないところもありますが、入居希望の方や、空室対策を考えているオーナーさんなど、ご興味ある方はお問合せください。

計画をご説明したり、工事途中でよろしければ現地もご案内します。

 

みやけ

小さな平屋のリノベーション@総社市

●1160062

総社市、築50年、56㎡(17坪)の小さな平屋。長く倉庫として利用されていました。

片付けもようやくメドがたち、いよいよ活用方法を本格的に検討開始です。

賃貸として人に貸すには結構傷みがあるので、お金を掛けて直さなければいけない。

果たしていくら掛かるのか、いくらで貸して、いつ回収できるのか。

デザインによって、付加価値を生み出せるのか。

プロジェクトをレポートしていきます。

2 / 2« 先頭.1.2