「古道具こころね」改装工事

古道具こころね」さんの店舗改装を、お手伝いさせていただきました。

9月18日(月)より営業再開されます。

P1300755
 

P1300858
 

P1300848
 

P1300900
 

P1300883
 

P1300880
 

P1300916
 

P1300937
 

P1300892
 

P1300919
 

P1300945
 

P1300777
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

 

『古道具 こころね』

*9月18日(月)より営業再開

岡山市中区古京町1-2-14(*駐車場は店舗の真横にあり)

086-201-0419

営業日/日・月・火

営業時間/11時~16時

facebook / instagram / http://www.kokorone.life/

 

 

■工事概要

・入口部:扉、硝子木枠・FIX硝子取付・アンティーク扉(こころねさん支給)取付

・外部:既存土間解体後、モルタル塗り・外壁白塗装

・内部:壁面(補修)、配管、白塗装

『古道具 こころね』 オープン style_9

タルト不動産を利用してくださったお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

9回目は、岡山市中区古京町でお店をオープンされた『古道具 こころね』さんです。

●P2160903
 

「古道具 こころね」さんは以前に、店舗営業をされていたこともありました。

最近は、オンラインショップで販売したり、イベントに出店したりされていました。

 

―またお店をやりたいと思われていたんですか?

「いえ、店舗は考えていませんでした。

たまたま知人から、タルト不動産を教えてもらいました。

何となくホームページを開いたのですが、見始めると面白くて。

気づいたら、さかのぼって全部見ていました。

そこで、この物件を見つけたんです。

写真を見ていると、一気にお店のイメージが湧きました。

そうしたら急にドキドキしてきて。。

ここだったら、またお店ができるかもしれない…、やりたい…と思いました。」

 

タルト不動産では「郵便局と内田百間の生家跡のナナメ前」というタイトルで紹介していました。

P1930530before

 

―実際に内見をしてみていかがでしたか?

「イメージ通りでした。

手前のスペースをお店にして、奥のスペースはバックヤードにして。

間仕切りには、細長い窓をつけよう。

あまり手を加えないでシンプルな箱にしようと思いました。」

 

●P2160877

 

●P2160890

 

●P2160912 

 

―オープンまではいかがでしたか?

「内装の工事には、約1ヵ月くらい掛かりました。(トイレの新設や電気工事など)

床のシートや天井を剥がしてみて、状態をみながら内容を決めていきました。

塗装は自分でやったのですが、天井部分は特に大変でした。

あとオーナーさんが気にかけてくれて、色々と協力してくださったのはありがたかったです。」

 

P2160929
 

●P2160955
 

●P2170024
 

―オープンされてみていかがですか?

「こんな日がまたくるとは思っていませんでした。

でも、お客さまに実際に商品を手に取っていただけること、お客さまと会話ができることがとても嬉しいです。」

 

●P2160962
 

●P2170002
 

●P2170029
 

―これからどんなお店にしていきたいですか?

「一人で仕入れから販売までしているので、営業は週に3日間(日、月、火)になります。

この場所で、このペースで、たんたんと続けていきたいと思っています。

 

もしかしたら最初は入りにくいかもしれませんし、買うものがないかもしれません。

全然気にしないで構わないので、気軽にご来店いただければと思います。」

 

●P2160974
 

『古道具 こころね』

岡山市中区古京町1-2-14(*駐車場は店舗の真横にあり)

(086)201-0419

営業日/日・月・火

営業時間/11時~16時

facebook / instagram / http://www.kokorone.life/

●P2160804
 

●P2160849
 

●P2160825
 

こころねさん、取材ご協力本当にありがとうございます。

僕はこの2点を連れて帰りました。

P2170177
 

P2170165
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)