blog

美観地区の古民家改装プロジェクト: 竣工

レポートしてきました「美観地区の古民家改装プロジェクト:INOBE」、竣工写真をUPしましたので、最後のまとめと合わせてご覧ください。

●P1680316
 

●P1680271
 

●P1680295
 

●P1670956
 

●P1670959
 

●P1670980
 

●P1680227
 

●P1670993
 

●P1680358
 

●P1680413
 

●P1680119
 

●P1680172
 

↓before

P1510009
 

P1510184
 

P1510113
 

P1510087
 

「 美観地区の古民家改装プロジェクト :INOBE 」

 

アイビースクエアから続く通り沿い、美観地区のちょうど入口あたり。

2階建て古民家の1階を、アパレルのショップへ改装するプロジェクト。

 

入口を入ると右手には広めの土間があって、そこから一段上がった場所に畳の間。

入口から正面を見ると小さな玄関スペース、その先には2階へ上がる階段がありました。

 

今回、ショップで利用するのは1階のみ。

2階は今後、別のプロジェクトが始まるため、ショップとは関係のない、人の出入りがあります。

しかし、入口は一つでした。

また約45㎡とコンパクトな空間ながら、建具で細かく仕切られていること、北道路であまり日当たりが良くないことから、狭く暗い印象でした。

 

そこでまず必要ない建具は取り払い、1つの空間にしていきました。

そして1階と2階の動線を分けるため、斜めの壁を配置することにしました。同時にショップの奥へと視線を向ける効果もあります。

 

北側道路に面していた格子付きの4枚の引違い窓は、外から中が見えにくかったので、大きな1枚のガラスへ変更しました。

 

また壁にはクセの少ないシナ合板を採用。少し重ねながら下から順に張っていく下見板張りにしています。

倉敷の建物の外壁では、よく見る張り方ですが、薄くて幅の広いシナ合板を使うことで、空間に独特のスケール感を取り入れることができます。

 

新しく作った部分は、下見板張りの部分を含めてうっすらと白く塗りました。

商品を引き立てるためでもあるし、北側しか窓のない店内を明るくするためでもあるし、白壁の街をイメージしているからでもあります。

下見板張りの重なった部分にできる影がはっきりするので、壁の表情が豊かに感じられます。

 

4/2には新店舗「INOBE」が無事にオープンしました。

児島で製造された良質なシャツやパンツなどが並んでいますので、よろしければお立ち寄りください。

みやけ

——————————————————————————————————————————————————————————————————————

■所在地 : 岡山県倉敷市船倉町1251

■構造 : 木造

■面積 : 46㎡(13.91坪)

■クライアント : 株式会社グロワール

■企画 : 有鄰庵

■設計・施工・撮影 : タルト不動産/タルトデザイン

(プロジェクトパートナー : stujio juna

 

美観地区の古民家改装プロジェクト>>>

(プロジェクトレポートはこちらから通して読めます。)

 

↓「INOBE」 open

P1700731
 

P1700708
 

P1700653
 

P1700553
 

photos by タルト不動産/タルトデザイン