『Scarecrow(スケアクロウ)』 オープン style_10

タルト不動産を利用してくださったお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

10回目は、倉敷市南町でコーヒーとおやつの店『Scarecrow(スケアクロウ)』をオープンされた大江恭平さんです。

タルト不動産/タルトデザインは、内装のデザインと工事をお手伝いしました。

珈琲とおやつの店 改装計画 >>>

P2220579
 

―カフェを始めるまでの経緯を教えてください。

「高校生のころから漠然とですが、いつかカフェをやりたいと思っていました。

服飾系の学校に進学して、アパレル業界で仕事に就いたんですが、その間もずっとカフェのことを考えていました。

お客さんの生活の一部になるような、日常的に使ってもらえるようなお店がやりたい。

やるんだったら20代のうちにと思って、1年くらい前から物件探しを始めました。

タルト不動産を知ったのはその頃です。」

 

「たまたま車で通りかかったときに、今のテナントを見つけました。

美観地区からは少し離れますが、以前から気になっていた通りでした。

まわりに小さなお店がいくつかあって、いい雰囲気だなと思っていました。

すぐに問合せたのですが、すでに申込が入っていて。。

でも、数カ月経った頃、キャンセルになったと分かりました。

そこから一気に話が進んでいきました。」

 

P1960364
 

―最初にこの物件を見たときの印象はどうでしたか?

「以前は、魚屋をされていたそうです。

広さがちょうど良かったのと、入口のオープンな感じが気に入りました。

ただ傷みや汚れがあったので、内装をどうしようかなと思いました。

工事業者さんを紹介してもらったりしたのですが、あまりピンとこなくて。

そこで別件で問合せをしていたタルトさんに相談をしました。」

 

P1960301before

P1960310before

 

大江さんから相談をいただいて、一緒に現地を見に行きました。

地域の人たちに、日常的に使ってもらえるようなお店にしたい。

カウンター席をつくって、一人でも気軽に来てもらえるようにしたいなど、具体的なお話をうかがいました。

それから約2ヵ月、打合せを重ねて工事はスタートしました。

 

P2060680
 

―工事中は大江さんも塗装をしたり、棚をつくったりされましたがいかがでしたか?

「すごく楽しかったです。

タルトさんと相談して、内装は最初からあまりつくりこまず、お店をやりながら変えていくことができるようにしました。

これからも手を加えていきたいです。

また現地で作業をしていると、近所の人にたくさん声を掛けてもらいました。

オープンに向けて、ちょっとずつ街の人たちとの距離が近づいていく気がしました。」

 

P2220575
 

―オープンをしてみていかがですか?

「一人でいらっしゃって、本を読んだり、仕事をしたり。

友達や子供連れでいらっしゃって、お話をされていたり。

工事中から気にしてくれていた近所の人たちも、最近ではリピートしてくれるようになりました。

幅広い年代の方に使ってもらえて嬉しいです。」

 

P2220653
 

―どんなメニューがありますか?

「ドリンクはコーヒー、紅茶、ココア、ジュースがあります。

コーヒーはBESSO COFFEE さんに協力してもらって、オリジナルブレンドを提供しています。

しっかりと飲んでいただきたいのでマグカップでお出しします。

毎日でも飽きないような、すっきりとしたブレンドにしています。

またコーヒーに合うようなおやつを、店内でつくっています。

ガトーショコラ、チーズケーキ、タルト、シフォンサンドといったケーキから、

マフィンやクッキー、ビスコッティがあります。

テイクアウトもできますのでお気軽におっしゃってください。」

 

P2220673
 

P2220684
 

P2220621
 

―今後はどんなお店にしていきたいですか?

「いずれ、フードの提供をしていきたいと思っています。

あと夜は21時まで営業しているんですが、お仕事の後に利用してもらいやすいように、営業時間も見直していこうと思っています。

お店の情報は、フェイスブックインスタグラムをチェックしてみてください。」

 

「スケアクロウは日本語にすると”かかし”なんですが、目印といった意味もあるんです。

街や生活に溶け込んで、色んな人たちの目印になれたらと思っています。」

 

P2220714
 

『 coffee&more Scarecrow 』

岡山県倉敷市南町1−37

営業日/不定休(*フェイスブックで確認ください。)

営業時間/10時~21時

facebook / instagram

 

P2220723
 

All photos by タルト不動産/タルトデザイン

珈琲とおやつの店 改装計画 ②

工事中の様子から、完成まで一気にいきます。

まずはお客さんに、汚れていた天井の塗装をしてもらいます。

P2060680
 

P2060714
 

続いて構造用合板を壁に張っていきます。

P2070370
 

P2070361
 

テイクアウト用の、窓とカウンターを制作。

P2070382
 

P2070390
 

厨房、カウンターテーブルエリア。

P2100614
 

アルミの開き戸、入口のガラス引戸を塗装。

P2100586
 

P2100621
 

最後は床にクリア塗装をして完成です。

P2120270
 

P2120231
 

P2120237
 

P2120310
 

P2120341
 

P2120372
 

P2120361
 

P2120451
 

P2120467
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

 

「 珈琲とおやつの店 改装計画 」 

大江恭平さんから相談があったのは7月の末ごろ。

珈琲と焼菓子(おやつ)を中心としたお店を始めたいというものでした。

 

地域の人たちが日常的に使うような場所をつくりたい。

ゆくゆくはアパレル、デザイン業界での経験を活かした展開もしたい。

 

ただ大江さん自身、出店は初めてのこと。

イメージはあっても、何がうまくいくのかやってみないと分かりません。

 

そこで、僕はまっさらな箱を提案しました。

まずは素材そのまま。

色を塗りたくなったら塗れるよう、棚をつくりたくなったらつくれるよう。

 

お店を始めて、色々と試してみて。

時間を掛けながら、お客さんと一緒につくっていくようなお店。

これから、どんどん変わっていったらいいと思います。

 

オープンが決まりましたら、こちらでもお知らせさせていただきます。

 

みやけ

—————————————————————————————————————————————————

■所在地 : 岡山県倉敷市南町

■構造 : 木造

■面積 : 約29㎡(約9坪)

■デザイン・内装工事・撮影 : タルト不動産/タルトデザイン

P2120472

珈琲とおやつの店 改装計画

倉敷駅から徒歩16分、美観地区から徒歩5分、倉敷市立中央図書館から西へ2分ほど歩いた場所。

南町に建つ、2階建ての建物。

以前は、魚屋さんでした。

P1960364
 

1階部分、約9坪のスペースで、珈琲とおやつを中心としたお店が始まります。

タルト不動産/タルトデザインは、内装のデザインと工事をお手伝いします。

オープンに向けてレポートしていきます。

みやけ

 

P1960296before

P1960301before

P1960303before

P1960310before

 

(All photos by  タルト不動産/タルトデザイン)