70年代ライフスタイルのこと

先日、古民家の片づけをお手伝いしているときに、1975年発刊「主婦の友社 生活百科事典」が出てきまして、オーナーさんに了解いただいてもらってきました。

IMG_3619
 

マイホームが少しずつ一般的になってくる時代、教科書みたいな感じでつくられた本のようです。

IMG_3620
 

ただ、事例として載っている住宅は宮脇檀さんや、高田秀三さんなどの建築家が設計したものばかりなので、当時のポピュラーな家というよりは、ちょっと憧れのような感じかなと思います。

個人的に、70年代の住宅、インテリアはポップでかわいいデザインが多いから好きなのですが、読んでいると結構おもしろくて。

ライフスタイルの変遷が見て取れます。

IMG_3623
 

IMG_3621
 

IMG_3622
 

タルト不動産でも、70年代の中古住宅や集合住宅をよく紹介していますが、間取りが現代の暮らしに合わないケースはよくあります。

この百科事典で僕が気になったのは、キッチンが「台所室」としてダイニングやリビングと分かれているプランが多いこと。広めの住宅では、ほとんど分かれています。

なぜなのか読んでみると、家事に集中したい、料理の匂いを他の部屋に広げたくないという理由。なるほど。。

きっと今よりも、料理にかける時間は長かっただろうし、換気もうまくできていなかったんだと思います。

そこから核家族化が進んで、家はだんだんコンパクトになり、キッチン・ダイニング・リビングは、ワンルームになっていきます。同時に排気、換気設備の機能も向上していきます。

暮らし方も変わっていて、共働きで忙しいから家族で一緒に過ごす時間を大事にしたり、料理をしながら子供を見ていないといけなかったり。ワンルームになっていったのは必然か偶然か。。

今はまた生活の仕方が多様化しているから、その家族に合った住まいが個別に求められている気がします。

その個別を考えるのが、楽しいんですよね。

みやけ

小さな平屋のリノベーション:企画

総社市、築50年、56㎡(17坪)の小さな平屋。

P1230455
 

約10年、倉庫として利用されていました。このまま置いておくのはもったいないし、どうするのが良いのかというご相談でした。

既存住宅は古く、傷みがあったため、解体してアパートを建てることも検討されていましたが、土地の面積は60坪と少し小さいため、十分な収益性、安定性を見込めるプランがつくれません。

 

そこで既存住宅をリノベーションして、賃貸することを検討していきました。

幸い駅まで徒歩3分というロケーション、小さいながらも戸建賃貸は需要があります。ただし、室内はこのまま貸せる状態ではありません。

P1230112
 

間取りは昔ながらの3DK。

11901651_929407330465395_1236618523_o
現状では、各部屋が小さく分かれており、ちょっと暗い印象。

P1230406
P1230224
P1230393
P1230114
 

裏には小さな倉庫と畑がありました。

P1230292
 

想定家賃から、リノベーション費用をどれくらいの期間で回収するか計算すると、必然的に掛けられる予算は決まってきます。

しかし、予算を抑えて原状回復しただけでは、よくある貸家の1つとして埋もれてしまいます。

 

そこで主に以下の2点を提案しました。

●既存の建物をできるだけ活かし(残し)ながら、不必要なものをどんどん削ぎ落とし、建物が持っている良さを浮き上がらせ、塗装や研磨によって仕上げていくこと。

●ターゲットを夫婦2人、もしくは3人家族くらいを想定し、明るくオープンな間取りに変更していくこと。

 

費用は最小限に抑えながら、逆に価値を高めていくことを考えています。

また、その様子をリアルタイムでレポートし、早い段階から入居希望者に向けてプロモーションしてみようと思います。

 

9月中の完成に向けて、現在進行形で動いているため、正直まだどうなるか分からないところもありますが、入居希望の方や、空室対策を考えているオーナーさんなど、ご興味ある方はお問合せください。

計画をご説明したり、工事途中でよろしければ現地もご案内します。

 

みやけ

総社商店街の古民家でベビーマッサージ

お盆明けの今日、総社商店街の旧堀和平邸で「ベビーマッサージとママのストレッチ」という体験イベントを開催しました。

ベビーマッサージは約1時間、講師のJUN先生の指導のもと、はだかんぼの赤ちゃんを、お母さんが手で優しくマッサージしていきます。

赤ちゃんと触れ合いながらコニュニケーションを取ることで、成長や変化に気付けたり、マッサージによって便秘が改善したり、よく眠るようになったりする効果もあるそうです。

最後には、お母さんたちにもストレッチをしてもらっておしまい。古民家のお座敷で、のんびりと体験していただきました。

 

1時間の間でも、赤ちゃんたちの色々な表情を見ることができます。

またお母さん同士で、情報交換されている方もいて、ちょっとした交流の場にしていただけたかなと思います。

 

僕はNPO法人「総社商店街筋の古民家を活用する会」に参加しているのですが、総社商店街をもっと知って欲しいし、もっと色んな人に利用して欲しいと思っています。

そんな機会を増やしていきたいと思って、とあるご縁からベビーマッサージを企画してみました。

初めてだったので改善点もいっぱいあるのですが、参加者のみなさんに楽しんでもらえていたら嬉しいです。

個人的には、かわいい赤ちゃんの笑顔をたくさん見ることができて、息子が小さかったころを思い出したりもして、すごく幸せな時間でした。

また9月もやってみようかなって思っているので、日時が決まりましたら告知させていただきます。よろしければお知り合いにもご紹介ください。

最後に、開催に向けてお手伝いいただいた皆さん、本当にありがとうございます!

みやけ

P12308922

『丸山智代展 私の秘密の住人たち』@天プラ

現在、岡山県天神山文化プラザでは『丸山智代展 私の秘密の住人たち』という展示が行われています。

丸山さんは総社市在住の銅版画家さんと紹介されていたので、これは!と思い行ってきました。

P1230677
P1230689
 

銅板を直に彫り込んでいるのですが、その線はとても緻密で繊細です。

しかし描かれた女性の表情からは、どこか超越した強さを感じました。

コラージュ作品もとても美しいので、ぜひ見ていただきたいです。

期間は8/16(日)まで、入場無料なので、気軽に行ってみてください。

みやけ

 

『丸山智代展 私の秘密の住人たち』

●会期:2015年8月11日(火)~16日(日)9時〜18時
(最終日は16時まで)
●会場:岡山県天神山文化プラザ 第4展示室
詳細はこちら→http://goo.gl/0IU090

 

WS000004
WS000005