高松にて

先日、社会人としての基礎をつくってもらった恩人に会うため高松にいってきました。

 

1120998

私は大学生から社会人まであわせると、高松に約10年住んでいました。その後、東京にいっていたので、7年ぶりの高松。噂の商店街は思った以上にダイナミックで、景色はとても変わっていました。

 

思い返すと、私がライフスタイルに興味を持ったのは大学生のとき。

自分が好きなものを自分で選ぶこと、探すことが本当に楽しかった。音楽、映画、本、家具、建築、アートなど、興味はとめどなく、今に至るまで尽きません。

恩人に会うちょっと前に高松に着いて、バイトでお世話になった方に挨拶をしたり、好きだった場所に行ってみたり。

 

1130020

おいしくて大好きなパスタの近くにいたくて、バイトをしていたアリオスト。今は場所が変わったけれど、空気感は全く変わっていなかった。ほっとできる場所。今度は家族を連れて食べにこよう。

 

1130005

家具や雑貨に興味がでてきて、色々知りたくて、バイトさせてもらったキッチンカフェ。ここでの経験は今の仕事の原点だと思う。20年も香川の人に愛されるお店。本当にすごい。

 

よく行っていたけれど無くなっている場所もあった。7年は意外と長い。

 

1130027

東京に行くちょっと前、空き倉庫を活用した北浜alleyが生まれた。

いくつかのお店が集まることで、新しい街ができた。人が集まる場所になった。

この感覚も忘れられない。

 

P1130055

umieはやっぱりいい。

 

大学生のとき、ブルータスをみていて、神田の倉庫が事務所にリノベーションされている記事に釘づけになった。

スケルトンにして白く塗っただけなのに、めちゃくちゃかっこよかった。

こんな仕事がしたい!って友達に話したことを覚えている。

 

1130059

高松にいって色んなことを思い出した。思い出したくないこともあるけれど。

いつかまたここで仕事がしたいな。

みやけ

ブランディングデザインについて

昨日は、岡山県立大学で開催された「デザインを話す」というトークイベントに参加してきました。

県立大学の南川茂樹先生が主催されて、デザイナーの佐藤豪人さんをお迎えし、主にブランディングデザインについてのお話でした。

佐藤さんは岡山県出身の方で、企業や各種イベントのロゴやパッケージ、POPなど、グラフィックデザインを通じてブランドの構築を手がけられています。

http://hidetosato.com/

佐藤さんとは、たまたまフェイスブックで知り合っていて。お会いするのは初めてだったのですが、とてもおもしろい話を聞くことができました。

ブランディングデザインは簡単に言うと、企業のイメージ、印象を、一般の人にどのように伝えて、どのようにその価値を高めていくかということ。

例えば無印料品なんかは、パッと見ると無印の商品だと分かるし、あー無印ぽいなあって感じると思う。これはしっかりとブランディングされて、価値が生まれている証拠。

私は「タルト不動産」というサイトを運営していますが、ブランディングデザインは意識しています。できているかどうかは別として。。

特にホームページは、私がやりたいことをダイレクトに届けるものだから、物件の選び方、写真の撮り方、コピーの付け方、文章の書き方など、自分なりのルールを設けて気を付けています。

個人的にそういうことを考えていたので、佐藤さんの話は勉強になったし、希望が持てる内容でした。

過去に手掛けられたプロジェクトを、詳しく紹介してくださったのですが、クライアントへのヒアリング、マーケティング、プレゼンテーション、出来上がったモノ、どれをとってもプロの仕事。

デザインとは単にビジュアル的なものではなく、問題を解決し、価値を向上させるための手段だと思いました。これは私が不動産、建築でやりたいことに通じています。

タルト不動産といえばこんなデザイン、こんな感じだなあと思って欲しいっていうのはあるけれど、それはあくまでも自分が思っていることで、見ている人たちにどのように届いているかは別の話。

だからできるだけ色々な人の意見を聞きたいと思います。簡単にブランドなんてできないから、コツコツやっていかないと。。

このような一般人も参加できる貴重な機会をつくってくださった南川先生、佐藤さんに本当に感謝です。またあったら行きたいな。

みやけ

S__10362882

 

 

総社商店街筋のこと-空家調査①

昨日から、総社商店街筋の空家調査をスタートしました。

これは私が総社で不動産を扱う人間として、NPO法人「総社商店街筋の古民家を活用する会」の会員として、総社に住む一市民として、もっとこの総社商店街筋エリアを楽しい場所にしたい、若い人が集まる場所にしたい、さらに総社を魅力的な街にしたいという思いから中長期的なビジョンで取り組むプロジェクトです。

現在何かしら理由があって空家になっている不動産と、ここに住みたい、ここでお店をはじめたいという人たちをマッチングしていきたいと思っています。

まずは商店街を歩きながら空家をチェックし、持ち主を調べたり、近所の方にお話をうかがっていきます。思ったより好意的にお話をしてくださる方が多かったのは救いでした。

一般的に空家を人に貸さない理由は5つあると言われています。

①盆と正月には家族がかえってくるから

②仏壇があるから

③部屋にたまった荷物を動かせないから

④貸した結果、借りた人が近所に迷惑をかけたら自分の責任になる

⑤あの家も人に家を貸さないといけないほど落ちぶれたかと思われるの嫌だから

やはりお話を聞いていくと、ここに挙げている内容が出てきました。あと古い建物のため耐震性が分からないから地震の心配をされる方もいらっしゃいました。一つずつ、お悩みやご不安をうかがって、解決していきたいと思います。

とはいえ、いきなり来た不動産屋に本音で何でも話していただけるとは思っていません。これから時間をかけて、続けていく必要があります。

また同時に商店街筋に住みたい、お店を始めたい方を募集しています。何件かすでに問い合わせはいただいていますが、ご興味ありましたらどんどんご連絡ください。具体的な話があればあるほど、空家をお持ちの方が納得しやすくなります。よろしくお願いします。

調査をしながら、気になっていたお店に入りました。松尾種苗店さん。

P1100996 戦後、60年くらいお店をされているそうです。

P1100993

P1100994当時から使っている、種をいれる木箱。

やはりショッピングセンターができて以降、商店街の人は減っていったそうです。確かに種や苗はどこでも手に入るようになりました。わざわざ、ここに買いにくる理由が必要です。

せっかくだったので、一つ秋大豆を買いました。

IMG_3432

タルト不動産のお店の前にはハーブやらなんやら植物をわさわさ育てていますが、どれも苗から植えたものです。種から育てた記憶は子供のころの、あさがおとひまわりくらい。

店主のおばあちゃんに、今から植えるのにちょうどよくて、育てやすい種を教えてもらって、この秋大豆を買いました。大豆は水を良く吸うから、あまり水をあげ過ぎたら良くないよと教えてもらいました。私みたいな素人にはこういうアドバイスがありがたいです。

ちゃんと育てていけば、秋くらいには収穫できるかな。

私のプロジェクトも種をまいたばかり。

ちゃんと続けていけば、いつかきっと実を結ぶはず。。

 

みやけ

新しい家の買い方/STUDY HOUSE

倉敷の設計事務所FOMES designさんが手がけるSTUDY HOUSEという住宅を知っていますか?

P1100613

私も最初、ホームページで見たときは、今いちピンときていませんでした。しかし、オープンハウスにお誘いいただき、実際に建物を見て、FOMES designの高見さんのお話をうかがうと、これはすごいおもしろい!と分かりました。

そして同時に、もっと色んな人に知ってほしいし、できるならタルト不動産が販売したい!と思いました。

1100641進化形建売住宅/STUDY HOUSE/31,000,000円+内装工事・フリープラン・116.29㎡/岡山県倉敷市大島 (*販売詳細はこちら)

 

私が以前、勤めていた会社では、土地をお客様と一緒に探して、建物のデザインまでワンストップで行うということをしていました。

土地を探していると、あーここで建てたいなあって思う物件に出会うことがあります。それはすごく眺めがいいとか、ロケーションが良いというときもあれば、狭小地だったり、変形地だったりして、なかなか売れていないから、ここは私が売らないとずっと売れないのではみたいな変な使命感を持つ時もありました。

不動産は同じものがないので、その物件の良いところ(どうすれば楽しく、快適に住めるのか)をちゃんとPRができれば、誰か一人くらい気に入ってくれるような気がするのです。

でも建築と不動産は、どうしても別れてしまって、同じような感覚の不動産屋さんは多くありません。土地を売るところまでが仕事だから仕方ないのです。かといって建築家が不動産を売るわけにはいかないし、一般的に、建築家は敷居が高いイメージがあって、土地が決まっていないのに相談なんてできないしという方もいらっしゃいます。

長くなったのですが、そんな中でFOMES designの高見さんが、「ここに建てたいと思ったから買っちゃったんです。」という話を聞いて、すごく分かる!と思いましたし、そんなことやっちゃう建築家がいるんだ!と感動しました。私もこの業界長いですが、こんなプロジェクトは初めてです。

しかし、聞けば聞くほどSTUDY HOUSEは、建売住宅にも、建築家住宅にも一石を投じると思うのです。

建売住宅、ハウスメーカーのデザインでは満足ができない方。

とはいえ建築家と土地も何もないところから、時間をかけてじっくりつくることはハードルが高い方。

そんな、家づくりがうまく進まなくてモヤモヤしている方は一度、建物を見に行ってみませんか?

STUDY HOUSEは見に行けるところがポイントなんです。もしかしたら、一気に可能性が広がるかもしれません。

そしてタルト不動産が、こういったプロジェクトを岡山のみなさんに広めないと!と勝手な使命感でいっぱいです。

みやけ

P1100571