小さな平屋のリノベーション:外壁塗装など

タルト不動産のリノベーションプロジェクト。

今回、床を張ったり、ペンキを塗ったり、できるところはタルト不動産がやっています。

でも僕一人では無理なので、一緒にデザインをしてくれているstudio junaの重名くんに手伝ってもらって、2人であーだこーだ言いながらつくってきました。

ありがたいことに工事中にも関わらず、入居者さんが決まりました。

その若いご夫婦と、初めてお会いしたとき、暮らし方、働き方に対する考えがとても柔軟で、すごく共感しました。

また賃貸でも自分たちで住まいをつくっていきたいと考えられていました。

当初は、住んだ後のことを考えていらっしゃったのですが、ちょうどいいタイミングだったので、

工事の途中(住む前)から、入居者さんにも参加してもらい、一緒に完成させることにしました。

 

くすんでいた外壁を、白く塗装します。

P1320195
 

奥さまも一緒にヌリヌリ。

P1320208
 

細かいとこまでヌリヌリ。

P1320221
 

1回塗って、乾かしている間に、簡単な棚をつくります。

できるだけ入居者さんにやってもらいました。

P1320228
 

当初、ちょっとした飾り棚でもつくろうかなくらいに思っていたら、ちょうど入居者さんはアクセサリー作家。

作品を並べる場所にちょうど良さそう。

棚の位置や、サイズは、要望を取り入れて決めました。

P1320255
 

差し入れしてもらったコーヒーとクロワッサンで休憩。。

P1320267
 

外壁は2回塗って、夕暮れ前に完成です。

塗装は養生をちゃんとしておけば、そんなに難しくないので、気軽にできると思います。

入居者さんも、初めてだったのですが、とてもきれいに仕上がりました。

1320275
 

外壁塗装も、棚の造作も、当初から予定の工事だったので、材料費はオーナーさんに出していただきました。

タルト不動産は工具を提供し、施工のサポートをさせていただきました。

僕は手伝ってもらえて助かったし、入居者さんには楽しんでもらえて、物件に愛着を持っていただけるし、オーナーさんもそんな入居者さんだったら安心です。

みんな満足しているから、良いサービスなんじゃないかと思います。

タルト不動産には、自分でやってみたい、つくってみたいという方の問い合せは結構あります。

でも、そんなことができる物件は、僕の知る限りほとんどありません。

オーナーさんもそんな需要があるなんて知らないかもしれないし、どうやって進めていいか分からないと思います。

なかなか入居が入らないアパートや貸家、長く使っていない空家や倉庫なども、色んな可能性があります。

ぜひ共感いただけるオーナーさんはお問合せください。

こんな楽しいプロジェクトを、もっと増やしていきたいと思っています。

ちなみに、現在進行しているタルト不動産のリノベーションプロジェクトはもう一つあります。

ケイテツリノベーション@倉敷市 R201・47,000円/月・2LDK(52.17㎡)岡山県倉敷市福島

こちらのオーナーさんもすごく理解があるので、相談を聞いてもらえるかも。。床のワックス掛けは、まだ残しています。。

 

小さな平屋のリノベーションは、10/11(日)に見学会をします。

ご興味ある方は、ぜひ見にきてください。

みやけ

 

【小さな平屋のリノベーション見学会】

●日時:10/11(日)10時~16時 *予約制です。

●場所:総社市 *詳細な住所は、お申込後にご案内します。

●お申込方法

・メールの場合:estate@taart-design.com

件名を「見学会参加」としていただき、以下の内容を送信ください。

①名前:

②電話番号:

③参加人数:

④希望来場時間:

⑤相談したいこと(ありましたら。):

・電話の場合:0866-95-2833にご連絡ください。

10/11(日)「小さな平屋のリノベーション」見学会やります。

8月くらいからレポートしてきました、小さな平屋のリノベーション@総社市

順調に工事は進行していしまして、この度、オーナーさんのご厚意により、10/11(日)に見学会を開催させていただきます。

12509782
 

工事途中から多くのお問合せをいただきありがとうございました。

実は完成前に入居者さんが決まりました。

しかも最後、床のワックスがけや、外壁の塗装は、入居者さんのご希望もあり、一緒に仕上げていっています。

P1280292
 

賃貸物件というと、出来上がった部屋に入居するのが普通です。

でも今回は未完成の状態で物件を決めてくださったので、入居者さんの要望を取り入れながら、一緒に作り上げることが可能になりました。

賃貸でも自分たちの好きな部屋をつくりたいと思っている方がいらっしゃいます。

工事完成前で、スケジュールと予算が合えばそれもできます。

このプロジェクトを工事中からレポートしていたのは、まさにこういった入居者さんが来てくれたらいいなと思っていたから。

今回はラッキーなことに、理想的な入居者さんが決まりました。

オーナーさんにも、早く安心していただくことができました。

これは一つのビジネスモデルになり得ると思っています。

今後も、オーナーさん、入居者さんそれぞれに満足度の高い住まいをマッチングしていきたいと思っています。

空家や空室のある賃貸物件をお持ちで対策をお考え中のオーナーさん、

なかなか理想の物件に出会えない皆さん。

不動産(賃貸、売買)から建築(新築、リノベーション)まで、ご興味ある方はぜひ見にきてください。

お待ちしています。

みやけ

 

【小さな平屋のリノベーション見学会】

●日時:10/11(日)10時~16時 *予約制です。

●場所:総社市

●お申込方法

・メールの場合:estate@taart-design.com

件名を「見学会参加」としていただき、以下の内容を送信ください。

①名前:

②電話番号:

③参加人数:

④希望来場時間:

⑤相談したいこと(ありましたら。):

・電話の場合:0866-95-2833にご連絡ください。

 

 

これからの住まいについて その1

9/20に岡山都市研究楽団で扱うテーマ「住宅におけるLDK」について僕が書きまして、

今度はメンバーのstudio junaから1発目のアンサーがきました。

僕の問題提起の前に、重名くんは「LDKとは」に引っかかったみたいで、その歴史を掘り下げてくれてます。

そんなに難しい話ではないので、ぜひ読んでみてください。

みやけ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、岡山都市研究楽団で扱うテーマは、「住宅におけるLDK」についてです。
タルト不動産からこのような問題提起がありました。

不動産やハウスメーカーの広告やサイトを見てみると
面積とは別に、2LDKとか4LDKなどのnLDKの表記がされていて、数字の部分のnが大きい方が
広い家だという認識があるかと思います。
住まいを考えるとき、「nLDKの家が欲しい」と考えることが一般的だと思いますが
僕自身は住まいをデザインするときは、「nLDKの家を考えよう」とは思いません。
nLDKの空間にその人の生活を閉じ込めるのではなく
その人の生活からその人らしい空間を考えたいと思っているからです。
(結果としてnLDKと捉えることはできますが)

LDKが一階か二階かという前に
「nLDK」という一般的な考え方が
僕にとってはちっとも一般的ではないので
そもそもnLDKとは何ぞやということをちょっと調べてみようと思います。
長いので読まなくてもいいですけど、知っておいて損はないかと。
(だいぶ省略して書くので、抜けているところや解釈のずれがあると思いますが
気になることがあればご自分でディグってください。)

もともと、日本の民家というのは畳の部屋が襖や障子で仕切られていて
ちゃぶ台を置けば食事室になるし、布団を敷けば寝室になる、
建具をあければ隣の部屋とつながって大きな部屋になる、
フレキシブルな空間の使い方が特徴だと思われていました。
しかし、実際は寝る部屋と食事の部屋を分けて使用しているという実態を住み方調査から明らかにした
西山卯三という人が「食寝分離」という考え方を提唱しました。まだ戦時中のことです。

食事の場と寝る場所の分離は、小住宅における基本的な要求であると主張した西山卯三の食寝分離論は
戦後の住宅計画に大きな影響を与えました。
戦後の住宅不足を解消するために、大規模な公営住宅の建設が各地で行われましたが
1951年、「51C」と呼ばれるひとつの平面計画が生まれました。原案を設計したのは東京大学吉武研究室です。

51c
「51C」とは、今見るといわゆる2DKの平面計画なのですが
このDK、つまり、食事のできる台所の誕生が画期的でした。
35㎡という限られた空間の中でそれが計画されたというのも重要です。
「51C」の設計理念は、1955年に設立された日本住宅公団にも引き継がれ、日本の公共住宅の原型となりました。

「51C」では、食事のできる台所とその隣の部屋とは襖でゆるく仕切られていたのですが
戦後の復興により、生活が豊かになると、ソファやピアノ、ステレオなどの家具が増え
今で言うリビングのような空間が自然発生的に生まれました。LDKの誕生です。
ここまでは設計者の想定の範囲内だったようです。

高度経済成長期になると、公共だけでなく、民間も住宅供給に参入してきました。
民間の建売住宅や分譲マンションは、部屋数が多い方が売れる傾向にあったようで
「51C」のプランに個室を安易に付け足しただけのnLDKの住宅が大量につくられるようになりました。
それが現在まで、生活様式や家族のかたちが変化し続けているにも関わらず、
多数派であるハウスメーカーやデベロッパーによってnLDKの住宅が作り続けられてきたことによって
nLDKの考え方が一般的になってしまったというわけです。
建築の歴史の中でも、「51C」はnLDKの原型だと言われることも多いですが、これは間違った認識だったようです。
戦後の焼野原を見ながら、35㎡という限られた空間の中でいかに快適な住空間をつくるかという問題に対して考えられたものと
好景気の日本において売れるからという理由で「51C」に安易に個室を足して考えられたものとを同じだとは僕は思いません。
当時、吉武研究室の大学院生で「51C」の設計に関わった故 鈴木成文氏も
『3室、50㎡になったなら、それに対応した生活の組立てを考えるべき』と述べていました。

と、いうことで、タルト不動産の問題提起を完全に無視して
いわゆるnLDKとはどうやってこの国で生まれてきたのかを
僕自身が勉強したところで、今回は終わりにします。
次回からは話を戻して、これからの住まいにおけるLDKについて考えていこうかと思います。

(参考:「51C」家族を容れるハコの戦後と現在 平凡社)

written by  studio juna

9/27(日)総社の古民家でフリマやります。

9/26(土)27(日)、総社宮界隈では小さな縁日を開催しています。色んなイベントがあるので週末はぜひ総社に。

タルト不動産は9/27(日)9:00-12:00、「匙」さん主催のおはよう市の間、7月に続いてちょこっとフリマをやります。

倉庫に眠ってる古雑貨を持っていくので、見かけたら声かけてくださいー。

みやけ

 

P1300065
 

P1300030
 

P1300018
 

P1300044
 

P1300048
 

P1300060
 

縁日チラシ2
タルトフリマ