これからの住まいについて その2

現在、岡山都市研究楽団で扱っているテーマは「住宅におけるLDK」についてです。

メンバーのstudio junaから、「その2」が届きました。

重名くんも、概ね僕と考えは一緒のようです。

ぜひ読んでみてください。

みやけ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回はnLDKとは何ぞやということについて書いたのですが
今回は、話を戻して、「LDKほとんど1階問題」について書いてみたいと思います。

うちのポストには週2回くらいのペースで、不動産関係のチラシが入っているので
最近の建売住宅とやらはどんなものかしらと思ってときどき見てみるのですが
だいたい同じような平面構成になっています。
1階に玄関、LDKと水回り、2階に子供部屋、寝室、ウォークインクローゼットという構成です。
(以下、ザ建売plan と呼ぶことにします。disってない。)

あまり詳しくは知りませんが、ハウスメーカーの住宅も、ザ建売plan的な構成なのではないでしょうか。
(築20年の僕の実家は某ハウスメーカーのもので、ザ建売planです)
つくっている時点では誰が入居するか分からない建売住宅と
特定の家族のためにつくっているハウスメーカーのplanがほとんど同じなのは不思議ですね・・・。(話がそれました・・・。)

僕は平屋の住宅が好きなので、1階にLDKがあることに反対はしません。
1階にLDKがあれば、庭で食事をしたり、庭で遊ぶ子供を横目で見ながらリビングで本を読んだりできます。
重い買い物袋を持って階段を上がらなくてすむし、ゴミ出しも勝手口からささっとできます。
メリットはたくさんあります。デメリットは特にないかもしれません。
ただし、それは庭や隣地や道路などの外部空間との関係をしっかりと配慮した場合の話で、
庭に向かってとりあえず大きな窓をあけただけの場合の話をしているのではありません。(また話がそれました・・・。)

岡山のような地域で、2階にLDKを持ってくる場合として考えられるのは
家の前がすぐ道路だとか、日当たりが悪いとかいうネガティブな理由と
2階からの景色が大変良いとかいうポジティブな理由が考えられます。
そうでもなければLDKは1階でいいじゃないという話なんですが
そうでないからこそ(普通の敷地であるからこそ)2階にLDKを持ってきた場合
どういう暮らしがあるかしら、ということを次回あたりで考えてみようかと思います。

また、タイトルにもあるように「これからの住まい」として僕が考えていることも
ちょっとミックスしつつ考えてみる予定です。

text by studio juna

10/31(土)「ケイテツリノベーション」見学会やります。

タルト不動産のリノベーションプロジェクト。

概ね完成になりましたので、入居者さん向けの見学会を開催します。

お部屋を探している方、リノベーションをお考えの方も、ぜひご来場ください。

P1340661OH賃貸募集のページはこちら:R201・47,000円/月・2LDK(52.17㎡)

 

【ケイテツリノベーション見学会】

●日時:10/31(土)10時~16時 *予約制です。

●場所:岡山県倉敷市福島 *詳細な住所は、お申込後にご案内します。

●お申込方法

・メールの場合:estate@taart-design.com

件名を「見学会参加」としていただき、以下の内容を送信ください。

①名前:

②電話番号:

③参加人数:

④希望来場時間:

⑤相談したいこと(ありましたら。):

・電話の場合:0866-95-2833にご連絡ください。

「小さな平屋のリノベーション」まとめ。

レポートしてきました「小さな平屋のリノベーション」、完成写真をUPしましたので、最後のまとめと合わせてご覧ください。

●1330799DKと和室の仕切りを外し、床は無垢の杉板を張りました。

●1330839南の和室から、リビングダイニングを見る。

●1340052リビングはもともと和室でした。勾配天井はその名残。白く塗装しました。

●P1330939南側は畑が広がる、開放的なロケーション。

●1330926キッチンは既存のもの。吊戸棚は扉を外して、白く塗装しました。

●1330847北側の和室は洋室に変更しました。

●P1340100押入れからクローゼットに変更しました。

●1330871トイレの引き戸はムーミングレーに塗装。

●P1330781玄関から室内を見る。

●1340207ちょっとくつろげる場所。

●P1340001昔、使われていたドアホン。壊れていたけれど、デザインがかわいいので残しました。

●P1340064玄関に新たに取り付けた金具。

●1340166以前から付いていた金具(帽子掛け)。

●P1320299外壁は入居者さんと一緒に白く塗装しました。

photos by タルト不動産

82d0b1e56b647219a598cf664f4cbb8a
e3d7216e7af2638462e2f8a2e4587465
 

「小さな平屋のリノベーション」

総社市、築50年、56㎡(17坪)、長く倉庫として利用されていた小さな平屋。

仕切りが多く、光の入りにくい、昔ながらの家。傷みもあって、人に貸すためには、費用がそれなりに掛かる状態。

よくある原状回復をしただけでは、築の浅いマンションやアパートにはとても勝てません。家賃を下げれば入ってもらえるだろうけれど、掛けた費用の回収に何年掛かるのか…。

そこで、できるだけ費用を抑えながら、ここにしかないものをつくろうと考えました。

現状を見ると、実はとてもキャラクターのある物件。

駅徒歩3分という立地ながら、目の前は畑が広がる開放的なロケーション、裏には畑があって、倉庫もありました。

そして小さいけれど平屋でした。

まずは、いるもの、いらないものを精査して、使えるものは積極的に残すことにしました。

それから仕切りをどんどん外して、ワンルームに近い状態にしていくことで、広くて明るい空間をつくっていきました。

入居者さんがライフスタイルにあわせて個室をつくれるよう、仕切りは簡単にカーテンを考えました。(結果、入居された方には必要ありませんでした。)

南に面したところは、陽当たりが良いし、目の前が畑だから視線はあまり気にならないはず。きっと気持ちの良い場所になるから、床に座ってくつろげるようにしたくて、無垢の杉板を張りました。

あとは丁寧に塗装をすることで、要素を整理していきました。

結局、大したことはしていなくて、この家の良さをちょっと分かりやすくしたくらいです。

つくり込まないことで、入居者さんに余地というか、可能性を感じてもらえたらなと思っていました。

そうこうしていると、本当にありがたいことに、工事途中に内見してくださった若いご夫婦が入居を決めてくださいました。完成前だったので、入居者さんも一緒に外壁塗装をしたり、棚をつくったりすることができました。

もしかすると、入居を決めるタイミングを早くすることができれば、賃貸にも色んな可能性があるのかもしれません。

最後にもう一つ。

入居者さんは、引越しをされて、すでに生活が始まっていますが、僕によくメールが届きます。

先日は、「駐車スペースに枕木を敷いてもいいですか?」と。

オーナーさんに確認をして、もちろんOK。

小さな平屋は、入居者さんの手で、どんどんアップデートされています。

もしかすると賃貸でも、住み方によっては、価値を下げない方法があるのかもしれません。

色々なことに気付かせてくれたプロジェクトでした。

今後も、小さな平屋の様子をレポートできればと思っています。

みやけ

過去のレポートはこちらから>>>

—————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

■所在地:岡山県総社市

■構造:軽量鉄骨造

■面積:56.75㎡(17.17坪)

■デザイン:タルト不動産、studio juna

■床施工、内部塗装:タルト不動産、studio juna

■外壁塗装、棚製作:入居者さん、タルト不動産、studio juna

■不動産仲介:タルト不動産

ドンナ・ギリス作陶展@総社古民家

11/26(木)~12/1(火)まで、総社商店街通りの古民家、旧堀和平邸にて、ドンナ・ギリスさんの備前焼の個展が開催されます。

ドンナさんは、米国出身で、1968年に来日して、人間国宝の伊勢崎淳氏に師事。1991年からは吉備中央町の古民家を改築して移住されています。

ドンナさんの作品は、僕の知っている備前焼のイメージとは少し違って、シャープなフォルムなんだけど、どこか有機的で柔かい感じがしました。

ご縁があって、チラシに使われているメインカットの写真を撮影させていただきました。

旧堀和平邸に並ぶ、ドンナさんの作品をぜひ見にきてください。

お昼はカフェ「匙」で、おいしいごはんを。

http://okayama-s.main.jp/kominka/

20151019140425
20151020082158