守安さんの家 style_7

お客さんに、引っ越し後の様子を取材させていただく企画。

7回目は岡山の出版社、吉備人出版で編集者をされている守安涼さんです。

P2090446
 

―引越しのきっかけを教えて下さい。

「足守の実家で暮らしていたのですが、二人目の子供が生まれることになり、引っ越しを考えるようになりました。」

 

―いつ頃から、どのような条件で探していたんですか?

「2015年の夏くらいから、具体的に考え始め、内見に行くようになりました。

エリアは実家から近いところを見ていました。

上の子が小学生なので、転校はさせたくなかったんです。

賃貸にするか、中古を買うか、実家の敷地に家を建てるか、いくつかの選択肢の中で考えていました。」

 

2015年の10月、最初に守安さんから問合せをいただいた物件は、築50年を超える戸建の賃貸でした。

古民家の雰囲気を気に入られたのですが、ちょっと間取りが使いづらく、決定には至りませんでした。

そこから数件、一緒に物件を見てまわり、色んな話をしました。

僕が匙さん主催のおはよう市でやっているブックトレードに、僕が好きそうな本を持ってきてくれたこともありました。

交流をしていく中で、守安さんには、きっとこんな家がいいんだろうなあというイメージはできていました。

ただ、これといった物件がなかなか出てきません。

正直、停滞していました。。

 

2016年の4月、1件の中古住宅が出てきます。

土地の面積115坪、築30年の家。

早速、見に行きました。

P2090504
 

P2090435
 

P2090480
 

―内見したときの印象はどうでしたか?

近くに親戚が住んでいるので知っている場所でした。

また子供の学区は違ったのですが、隣接している地域のため転校はせず、卒業まで通うことができると分かっていました。

間取りは使いやすそうだし、お庭も広そう。

見に行く前から、生活のイメージはできていました。

実際に見てみると、想像以上に良かったです。」

 

―どのあたりが良かったですか?

「広いお庭と、その向こうに田んぼが広がる景色は、すごく気持ちよくて。

家は築30年経っていたけれど、売主さんが大事に住んでいたので、大きなリフォームは必要なさそうでした。

あとは玄関にある木製の網戸や、脱衣所や台所にあるガラスの建具、小さな縁側、障子から差し込む光の感じも良かった。

すぐに決めることができました。」

 

P2090528
 

P2090560
 

―購入後、どこかリフォームはされましたか?

「お風呂はリフォームしました。

あとはキッチンのレンジフードや畳も新規で交換しました。

茶の間にある障子はボロボロに破れていたので、建具を庭で洗って全体にヤスリがけをして自分で障子紙を張り替えました。

また父が建築の仕事をしているので、畳からフローリング(無垢のバーチ材)に変えてもらった部屋もあります。

自分でえごま油を塗ったのですが、次の日アリだらけになっていたときは焦りました。(笑)」

 

P2090594
 

P2090604
 

P2090620
 

P2090631
 

―住み始めてみていかがですか?

「引っ越してまだ2ヵ月なんですが、もっと前から住んでいるような気がします。

庭では3家族が集まってバーベキューをしました。

夏場は虫やカエルがよく鳴いていました。

大きな白鷲もくるんですよ。

家の中は、本当に風通しが良くて。

冬はちょっと寒いのかな。

それも含めて楽しみたいと思います。」

 

P2090691
 

P2090711
 

―これからやりたいことはありますか?

「茶の間の土壁を塗り直したいのと、子供部屋をきれいにしてあげたいです。

上の子には、自分の部屋以外にもお気に入りの場所があって。

2階に小さな屋根裏部屋があるんですが、そこに本を持ち込んでくつろいでいます。」

P2090727
 

 

P2090736
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

 

守安さん、取材ご協力本当にありがとうございます。

 

守安さんがお勤めの吉備人出版さんは、Jテラスカフェ(岡山大学津島キャンパス)で開催される、

「第1回瀬戸内ブッククルーズ イチョウ並木の本まつり」に出展されます。

Briséesさん(旧MILBOOKS)ぜろどーなつさんも参加されます。

本まつり01
 

本まつり02
 

日時 2016年11月12日 土曜日 10:00 – 16:00
会場 Jテラスカフェ(岡山大学 津島キャンパス内)
住所 〒700-0082 岡山県岡山市北区津島中1丁目1−1
電話 086-253-0567(Jテラスカフェ)
入場 無料

 

僕はぜったい行きます。

みやけ

”POTTO” 山本さんの家 ④ style_6

お客さんに、引っ越し後の様子を取材させていただく企画。

6回目はファッションデザイナー、POTTOの山本哲也さんです。

タルト不動産/タルトデザインは、キッチン、お風呂など、古くなった設備関係のアップデートをお手伝いしました。

その他の、解体から床や壁の張替え、塗装、洗面台の作成などなど、ほとんどは山本さんが自分でされています。

●P2080692
 

●P2080698
 

●P2080707
 

山本さんは、5年ほど前に東京から岡山へ移住されました。

きっかけは2011年の震災。

移住支援をしている団体の紹介で、備中高松の家に引っ越すこととなりました。

そこで住みながら、制作をしながら、時にはお店もするという生活が始まります。

 

―今回、新たに家を取得されるまでの経緯を教えて下さい。

「備中高松の家は、最初から居住できる期間が決まっていました。

いずれは引っ越しをしないといけなかったので、次の住まいは探していたんです。

そんな時に、以前は民宿をしていた建物が空家になっていることを知りました。

知人のつてをたどっていくと、所有者さんとお話ができ、購入することになりました。

でも、長く人は住んでいなかったし、傷みも結構あったので、そのまま引っ越す訳にはいかず。。

ちょうどそんな時にタルト不動産を知りました。

サイトを見ていると、リノベーションされてきれいになった平屋が気になりました。

住まいは借りて、こっちはアトリエにしようかなど、色々考えました。

結果的には、やはりこの家を何とかしようと思うようになりました。」

 

P1560599
 

最初、山本さんからは賃貸物件に問合せがありました。

同時に、所有されている元民宿の建物についても相談がありました。

その建物は長く使われていなかったので、住むことに不安をお持ちのようでした。

そこで一度現地を見させてもらい、住めるようにするにはどれくらい費用が掛かるのかをご提案しました。

打合せをしていく中で、徐々に不安は解消されていったのだと思います。

 

また山本さんは、自分でできそうな工事は自分でするとおっしゃっていました。

元民宿だけあって広い建物なので、大変だろうなと思いながら、

僕は個展で山本さんの作品を見ていたので、どんな家になるのかすごく楽しみでした。

 

 

―大工仕事の経験はあったんですか?

「全然ないんです。本を何冊か買って読んだり、インターネットを見たりしながらやりました。」

P1720128
 

 

―工事の過程で、何が大変でしたか?

「解体したり、下地を組んだり、地味で成果の見えにくい作業は本当に大変でした

あと天井の板張りも、一人でやるのはきつかったです。

明るいうちは改修をして、夜になったら備中高松の家に戻って服の制作をしていました。

今年の3月くらいから始めたのですが、途中で瀬戸内国際芸術祭の展示もあったので、2ヵ月くらい何もやっていない期間があったり。

9月に入ってやっと引っ越しできました。」

 

●P2080718
 

●P2080774
 

―引っ越してみていかがですか?

「まず子供がとても喜んでくれました。

子育ての環境は気になっていたので、落ち着く場所ができて良かったです。

あと前の家はちょっと湿気が多かったのですが、ここは風通しが良くて気持ちいですよ。」

 

「山が近い場所なので、庭に大きなヘビがいてびっくりする時もあります。

倉庫の扉を開けるときは、そこにいるものと思って、そーっと開けるんです。笑」

 

●P2080749
 

●P2080790
 

●P2080781
 

●P2080919
 

●P2080893
 

●P2080816
 

●P2080852
 

P2080845
 

―これからやりたいことはありますか?

次は、2階を仕事場に改装しようと思っています。

あと廊下の天井も張らないといけないし、家具も欲しいし。。

まだまだ、これからです。」

 

 

山本さんは瀬戸内国際芸術祭2016に作品を出展しています。

場所は宇野港にある、おまち堂さんの隣です。

秋会期は11月6日(日)まで。

10/30(日)10:30~は、『山本哲也(POTTO)出会い系ファッションショー』も開催です。

 

山本さん、取材ご協力本当にありがとうございます。

 

みやけ

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

小さな本屋さんのウエ #201  style05

タルト不動産で、引っ越し先を決めていただいたお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

5回目は、HIDETO SATO DESIGNの代表、佐藤 豪人さんのオフィスです。

タルト不動産では「小さな本屋さんのウエ #201」というタイトルでプロジェクトをレポートしてきました。

P1930155
 

小さな本屋さんのウエ #201」は、最近、僕が「セミオーダー賃貸」と呼んでいるサービスに初めて取り組んだプロジェクトです。

「セミオーダー賃貸」を簡単に言うと、賃貸のお部屋が空いたところで、まずタルト不動産とオーナーさんでリフォーム内容を決めます。

次にリフォーム前の状態で賃貸募集をします。

入居希望者さんには、大体こんな感じになりますよという提案をします。

工事前なので、予算内であれば、入居者さんの要望を聞きながら変更することができます。

リフォームのフォーマットは決まっているので完全オーダーではありません。

 

こんなことやりたいなと思っていたところで、プリペアドビルのオーナーの福井さんが共感してくださって。

ちょうどその頃、物件を探していたデザイナーの佐藤さんとマッチングができたことからプロジェクトがスタートしました。

詳しくはこちらを読んでみてください。

小さな本屋さんのウエ② #201

小さな本屋さんのウエ③ #201

 

―引越しのきっかけや、物件を探していたときのことを教えて下さい。

「それまで自宅やカフェでノマド的な仕事をしていました。

しかし、子供が生まれることになり、今の住まいでは手狭になることから引っ越しを考えました。

最初は、戸建てにしようと思ってインターネットでも探したのですが、どこも同じように見えてしまい。。

なかなかピンとくる物件がありませんでした。」

 

僕は佐藤さんと、戸建賃貸からオフィス物件まで、合計2回の内見で6件見にいきました。

最後にご案内したのがプリペアドビル

佐藤さんには伝えていましたが、福井さんと賃貸の話をしたのは、1週間ほど前のこと。

まだ内見の時点では、リフォーム案は考えていないし、ちゃんとした企画書もつくってない。

何も決まっていない状態でした。

でも佐藤さんは気に入ってくれそうだと思って、先走ってご案内をしたところでした。

 

―最初にプリペアドビルを内見したときは、どう思いましたか?

「まず白く塗装された外観がかっこ良かったです。

もちろん1階にある本屋さん(MILBOOKS)のセレクトも好きでした。

何より、紹介してもらった福井さん(オーナー)のお人柄に惹かれました。」

P1550956プリペアドビル_外観

 

―部屋(リフォーム前)をみたときは、どう思いましたか?

「打合せスペースと、作業スペースがつくれそうで、サイズがちょうどいいなと。

内装は、まだよく分かりませんでしたが、三宅さん(タルト不動産)と打合せをしながら、どんな部屋にしていくか考えることはおもしろそうだと思いました。」

P1520612before

 

―リフォームの打ち合わせはいかがでしたか?

「打合せが進行する上で入居者としての大きな役割は、コンセプトである言葉の設定だと感じていました。

三宅さんとも共有を深めていく中で生まれたのが、「WHITE」という言葉です。

「白と自然」の意味を組み込んだ言葉として設定し、白い場でデザインをすることでポジティブに結ぶご縁の創造を目指していければと考えました。

この「白」というキーワード。ぼく自身も再発見で、あらためて新たな心持ちで仕事に向かえそうです。

PreparedBldg201_VI
*佐藤さんがデザインしてくれたロゴタイプ

 

また、もし自分が退去したあとも、次の人に貸しやすい部屋にしたいと思っていました。

デザイナーという職業柄もあるかもしれません。

そこで三宅さんから、提案してもらったユカハリ・タイル(みんなの材木屋・西粟倉)は、既存の床に置くだけという気軽さが気に入りました。

当初の案から変えてもらった点は、和室をやめてユカハリ・タイルにしてもらったこと。

あと木材は杉から「ひのき」にしてもらいました。

諸説ありますが、神宮の用材に使われることから「霊(ひ)の木」や「日」は太陽を表す最も古い語形で最高のものを表すところから「日の木」とする説があるそうです。

「ひのき」の白らしい感じはコンセプトにも合いますし、その意味性にも惹かれてお願いしました。

 

―リフォーム後の部屋を見たときはいかがでしたか?

「こんなにも変わるんだなと驚きました。

ひのきのいい香りがしてきたので、選んで良かったなと思います。」

P1550660after

 

―引っ越してみていかがですか?

「ノマドはノマドの良さがありますが、事務所があるとまわりを気にしないでいいので、デザインに集中できますね。

あと、過去の作品や資料がそろっているので、クライアントにプレゼンがしやすくなりました。」

P1930259
 

P1930177
 

13710463_1071215266301410_4236412725298193036_o
 

P1930284
 

―これからやってみたいことはありますか?

「せっかくなので1Fの本屋さんと連携したイベントなどが、できたらいいなと思っています。

 

●HIDETO SATO DESIGN

代表 佐藤 豪人

岡山県岡山市北区西之町14-17 プリペアドビル #201

 

佐藤豪人さん、取材ご協力本当にありがとうございます。

佐藤さんは来月から天プラで開催される展覧会に参加されます。

ご興味ありましたらぜひ。

 

みやけ

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

 

 

「KITEN 岡山県立総社南高等学校美術工芸系-有志OB展」
会期:2016年8月16日(火)~21日(日)
9:00~18:00、最終日は16:00まで
会場:岡山県天神山文化プラザ 第1展示室

13315558_1121909851199302_2687820655378598460_n
13346670_1121909867865967_4745343025169718981_n

街中SOHOライフ style04

タルト不動産で、引っ越し先を決めていただいたお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

4回目は、株式会社グロワールの代表、戸田聡一郎さんのお部屋です。

タルト不動産では「幅広バルコニーのあるハイスペックレジデンス」というタイトルで紹介していました。

P1840433
 

株式会社グロワールはカジュアルウェアの製造、OEM事業を行いながら、自社ブランドの店舗運営も行っています。

僕のお気に入りの白シャツ。

P1860211
 

P1860214
 

実店舗は、児島のジーンズストリートのシャツ専門店「Seventh Sense Folklore」と、倉敷の美観地区に「INOBE」があります。

「INOBE」は店舗の改装工事を、タルト不動産/タルトデザインで担当させていただいたのですが、そもそもは戸田さんのお部屋探しから始まりました。

●P1680271INOBE

 

―引越しのきっかけを教えて下さい。

「児島に事務所と工場があって、3年ほど実家で暮らしていました。

そろそろ環境を変えたかったのと、海外や県外への出張も増えてきたので、岡山駅の近くで一人暮らしをしたいと思ったのがきっかけです。

また岡山市内で打ち合わせをしたり、仕事ができる場所も欲しいと思っていました。

知り合いの美容師さんと、そんな話しをしていたら、タルト不動産を教えてもらいました。」

 

今回もタルト不動産のことを、戸田さんに紹介してくださった方のお陰でうまれたご縁です。

お名前は伏せますが、本当にありがとうございます。

 

戸田さんから問合せがあったのは昨年の8月。

そこから約4ヵ月の間、8物件を一緒に見て回りました。

すごくかっこいいけど使いにくそうだなとか、場所がちょっと惜しいなあとか話しながら、デザイン、機能、立地、設備などなど、色々な条件で比較をしました。

最後は戸田さんも僕も、納得のお部屋が見つかりました。

 

また引っ越しに際して、ダイニングテーブル、チェア、ソファ、センターテーブル、TVボードなど、家具のコーディネートもさせていただきました。

P1840474
 

P1840559
 

1840453
 

―引越してみていかがですか?

「居心地いいですよ。

友達が遊びにくることもあるんですが、いい部屋だねって言ってくれます。

最近は、児島から社員を呼んで会議や勉強会をしています。

その後、みんなでご飯を食べに行くので、気分転換にもなっていると思います。」

 

P1840496
 

これからやってみたいことをうかがうと、広めのバルコニーをうまく使いたいとのことでした。

また提案したいと思っています。

戸田さん、ご協力本当にありがとうごいます。

 

みやけ

 

Seventh Sense Folklore

岡山県倉敷市児島味野2-3-5

10:00-19:00 火曜日(木曜日不定休)

 

INOBE

岡山県倉敷市船倉町1251

10:00-19:00 定休日なし

 

P1860223
 

P1860232
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)