小さな本屋さんのウエ #201  style05

タルト不動産で、引っ越し先を決めていただいたお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

5回目は、HIDETO SATO DESIGNの代表、佐藤 豪人さんのオフィスです。

タルト不動産では「小さな本屋さんのウエ #201」というタイトルでプロジェクトをレポートしてきました。

P1930155
 

小さな本屋さんのウエ #201」は、最近、僕が「セミオーダー賃貸」と呼んでいるサービスに初めて取り組んだプロジェクトです。

「セミオーダー賃貸」を簡単に言うと、賃貸のお部屋が空いたところで、まずタルト不動産とオーナーさんでリフォーム内容を決めます。

次にリフォーム前の状態で賃貸募集をします。

入居希望者さんには、大体こんな感じになりますよという提案をします。

工事前なので、予算内であれば、入居者さんの要望を聞きながら変更することができます。

リフォームのフォーマットは決まっているので完全オーダーではありません。

 

こんなことやりたいなと思っていたところで、プリペアドビルのオーナーの福井さんが共感してくださって。

ちょうどその頃、物件を探していたデザイナーの佐藤さんとマッチングができたことからプロジェクトがスタートしました。

詳しくはこちらを読んでみてください。

小さな本屋さんのウエ② #201

小さな本屋さんのウエ③ #201

 

―引越しのきっかけや、物件を探していたときのことを教えて下さい。

「それまで自宅やカフェでノマド的な仕事をしていました。

しかし、子供が生まれることになり、今の住まいでは手狭になることから引っ越しを考えました。

最初は、戸建てにしようと思ってインターネットでも探したのですが、どこも同じように見えてしまい。。

なかなかピンとくる物件がありませんでした。」

 

僕は佐藤さんと、戸建賃貸からオフィス物件まで、合計2回の内見で6件見にいきました。

最後にご案内したのがプリペアドビル

佐藤さんには伝えていましたが、福井さんと賃貸の話をしたのは、1週間ほど前のこと。

まだ内見の時点では、リフォーム案は考えていないし、ちゃんとした企画書もつくってない。

何も決まっていない状態でした。

でも佐藤さんは気に入ってくれそうだと思って、先走ってご案内をしたところでした。

 

―最初にプリペアドビルを内見したときは、どう思いましたか?

「まず白く塗装された外観がかっこ良かったです。

もちろん1階にある本屋さん(MILBOOKS)のセレクトも好きでした。

何より、紹介してもらった福井さん(オーナー)のお人柄に惹かれました。」

P1550956プリペアドビル_外観

 

―部屋(リフォーム前)をみたときは、どう思いましたか?

「打合せスペースと、作業スペースがつくれそうで、サイズがちょうどいいなと。

内装は、まだよく分かりませんでしたが、三宅さん(タルト不動産)と打合せをしながら、どんな部屋にしていくか考えることはおもしろそうだと思いました。」

P1520612before

 

―リフォームの打ち合わせはいかがでしたか?

「打合せが進行する上で入居者としての大きな役割は、コンセプトである言葉の設定だと感じていました。

三宅さんとも共有を深めていく中で生まれたのが、「WHITE」という言葉です。

「白と自然」の意味を組み込んだ言葉として設定し、白い場でデザインをすることでポジティブに結ぶご縁の創造を目指していければと考えました。

この「白」というキーワード。ぼく自身も再発見で、あらためて新たな心持ちで仕事に向かえそうです。

PreparedBldg201_VI
*佐藤さんがデザインしてくれたロゴタイプ

 

また、もし自分が退去したあとも、次の人に貸しやすい部屋にしたいと思っていました。

デザイナーという職業柄もあるかもしれません。

そこで三宅さんから、提案してもらったユカハリ・タイル(みんなの材木屋・西粟倉)は、既存の床に置くだけという気軽さが気に入りました。

当初の案から変えてもらった点は、和室をやめてユカハリ・タイルにしてもらったこと。

あと木材は杉から「ひのき」にしてもらいました。

諸説ありますが、神宮の用材に使われることから「霊(ひ)の木」や「日」は太陽を表す最も古い語形で最高のものを表すところから「日の木」とする説があるそうです。

「ひのき」の白らしい感じはコンセプトにも合いますし、その意味性にも惹かれてお願いしました。

 

―リフォーム後の部屋を見たときはいかがでしたか?

「こんなにも変わるんだなと驚きました。

ひのきのいい香りがしてきたので、選んで良かったなと思います。」

P1550660after

 

―引っ越してみていかがですか?

「ノマドはノマドの良さがありますが、事務所があるとまわりを気にしないでいいので、デザインに集中できますね。

あと、過去の作品や資料がそろっているので、クライアントにプレゼンがしやすくなりました。」

P1930259
 

P1930177
 

13710463_1071215266301410_4236412725298193036_o
 

P1930284
 

―これからやってみたいことはありますか?

「せっかくなので1Fの本屋さんと連携したイベントなどが、できたらいいなと思っています。

 

●HIDETO SATO DESIGN

代表 佐藤 豪人

岡山県岡山市北区西之町14-17 プリペアドビル #201

 

佐藤豪人さん、取材ご協力本当にありがとうございます。

佐藤さんは来月から天プラで開催される展覧会に参加されます。

ご興味ありましたらぜひ。

 

みやけ

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

 

 

「KITEN 岡山県立総社南高等学校美術工芸系-有志OB展」
会期:2016年8月16日(火)~21日(日)
9:00~18:00、最終日は16:00まで
会場:岡山県天神山文化プラザ 第1展示室

13315558_1121909851199302_2687820655378598460_n
13346670_1121909867865967_4745343025169718981_n

街中SOHOライフ style04

タルト不動産で、引っ越し先を決めていただいたお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

4回目は、株式会社グロワールの代表、戸田聡一郎さんのお部屋です。

タルト不動産では「幅広バルコニーのあるハイスペックレジデンス」というタイトルで紹介していました。

P1840433
 

株式会社グロワールはカジュアルウェアの製造、OEM事業を行いながら、自社ブランドの店舗運営も行っています。

僕のお気に入りの白シャツ。

P1860211
 

P1860214
 

実店舗は、児島のジーンズストリートのシャツ専門店「Seventh Sense Folklore」と、倉敷の美観地区に「INOBE」があります。

「INOBE」は店舗の改装工事を、タルト不動産/タルトデザインで担当させていただいたのですが、そもそもは戸田さんのお部屋探しから始まりました。

●P1680271INOBE

 

―引越しのきっかけを教えて下さい。

「児島に事務所と工場があって、3年ほど実家で暮らしていました。

そろそろ環境を変えたかったのと、海外や県外への出張も増えてきたので、岡山駅の近くで一人暮らしをしたいと思ったのがきっかけです。

また岡山市内で打ち合わせをしたり、仕事ができる場所も欲しいと思っていました。

知り合いの美容師さんと、そんな話しをしていたら、タルト不動産を教えてもらいました。」

 

今回もタルト不動産のことを、戸田さんに紹介してくださった方のお陰でうまれたご縁です。

お名前は伏せますが、本当にありがとうございます。

 

戸田さんから問合せがあったのは昨年の8月。

そこから約4ヵ月の間、8物件を一緒に見て回りました。

すごくかっこいいけど使いにくそうだなとか、場所がちょっと惜しいなあとか話しながら、デザイン、機能、立地、設備などなど、色々な条件で比較をしました。

最後は戸田さんも僕も、納得のお部屋が見つかりました。

 

また引っ越しに際して、ダイニングテーブル、チェア、ソファ、センターテーブル、TVボードなど、家具のコーディネートもさせていただきました。

P1840474
 

P1840559
 

1840453
 

―引越してみていかがですか?

「居心地いいですよ。

友達が遊びにくることもあるんですが、いい部屋だねって言ってくれます。

最近は、児島から社員を呼んで会議や勉強会をしています。

その後、みんなでご飯を食べに行くので、気分転換にもなっていると思います。」

 

P1840496
 

これからやってみたいことをうかがうと、広めのバルコニーをうまく使いたいとのことでした。

また提案したいと思っています。

戸田さん、ご協力本当にありがとうごいます。

 

みやけ

 

Seventh Sense Folklore

岡山県倉敷市児島味野2-3-5

10:00-19:00 火曜日(木曜日不定休)

 

INOBE

岡山県倉敷市船倉町1251

10:00-19:00 定休日なし

 

P1860223
 

P1860232
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

ガラス作家さんのアトリエ style03

タルト不動産で、引っ越し先を決めていただいたお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

3回目は、ガラス作家さんのアトリエです。

 

小さな平屋のリノベーション」というタイトルで掲載していました。

タルト不動産/タルトデザインで、内装工事から賃貸募集まで担当させていただいたプロジェクトです。

●P1330939

プロジェクトレポートはこちら>>>

 

工事中から賃貸募集をスタートして、完成前に入居が決まったので、最後は入居者さんと一緒に塗装をしたり棚を取り付けたりしました。残念ながら、その入居者さんは、お仕事の都合で退去されることになりました。

 

改めて募集をしたところ、決めていただいた方が今の入居者さん。

Yukiko Glass works」の中野由紀子さんです。

P1770839
 

 

―引越しのきっかけを教えて下さい。

「新しいアトリエを探していました。

アクセスが良くて、作業ができて、荷物の出し入れがしやすくて、、、となると、なかなかちょうどいい物件が無くて。

そんな時に、知り合い二人からタルト不動産を教えてもらいました。

写真や記事などイメージがしやすかったので、サイトを毎日チェックするようになりました。

そして、この平屋の募集を見つけたんです。」

 

―ホームページで見たときの印象はいかがでしたか?

「写真を見た時から、ここで製作をするイメージが一気に湧きました。

窓が多くて光がきれいに差し込んでいるところ。

白く塗装し直されてシンプルなところ。

駐車場から荷物が搬入しやすそうなところなど、アトリエにちょうどいいと思いました。

よっぽどのことがない限り、ここにしようと、見に行く前から決めていました。

 

実際に内見していただき、その日のうちに決めて下さいました。

僕は中野さんから問合せをいただいて、事前にガラス作品をwebで拝見していました。

お会いする前から、この人に入居して欲しいなあと思っていたので、気に入っていただけたときはすごく嬉しかったです。

 

また、そもそもはタルト不動産のことを、中野さんに紹介してくださった方のお陰でうまれたご縁です。

お名前は伏せますが、本当にありがとうございます。

 

P1770650
 

 

―実際に引っ越してみていかがですか?

「やはり光がよく入るので、製作環境として良かったです。創作意欲が湧いてきます。

最近、暖かくなってきたので、窓を開けてみたのですが、風が抜けてとても気持ちいいんです。

 

P1770558
 

P1770503
 

 

―これから、やってみたいことはありますか?

「裏に小さな倉庫があるので、そこにカットマシーンを置いて、製作スペースにしたいと思っています。

あと、玄関入ったところの壁を塗装してみたいなと思っています。」

 

P1770514
 

P1770536
 

P1770757
 

P1770879
 

 

―なぜガラス作品をつくろうと思われたのですか?

「もともと液体とか、気体とか、自然の中で動いているもの、流れているものを見ているのが好きなんです。

ガラスはその動いているきれいな瞬間を止めておくことができるから、やっているように思います。

 

P1770725
 

P1770593
 

中野さんのガラス作品を見ていると、揺らいでいるように感じる時があります。

お話を聞くと納得です。

 

ご興味ある方は、イオンモール岡山のハレマチ特区365や、クレド岡山3階のart space MUSEEで、実際に作品を手にすることができます。

5月は京都で企画展「鹿ヶ谷サロン」に出品されます。

岡山でも、これからイベント展示を行う予定があるそうです。

 

Yukiko Glass works

 

中野さん、ご協力本当にありがとうごいます。

みやけ

 

P1790163
 

All photos by タルト不動産/タルトデザイン

工房のある家 style_02

タルト不動産で、引っ越し先を決めていただいたお客さまに、その後の生活の様子を取材させていただく企画。

2回目は、九州から岡山県総社市に移住してこられたご家族の家。

タルト不動産では「昭和の家+納屋+倉庫+ガレージ+畑」というタイトルで紹介していました。

P1130146
 

お客さまは、「工房正島」の正島さん。

ご主人は主に器(陶器・磁器・耐熱器)をつくり、奥さまは布のものや紙のものなどをつくっています。

1997年に群馬県でスタートし、2006年には福岡県に移転、そして2015年、岡山県へと移ってこられました。

P1760630工房正島」 片手土鍋

 

―引越しのきっかけを教えて下さい。

「それまでは、福岡県の久留米市に工房がありました。しかし、その建物を退去しなければいけなくなり、本格的に引っ越しを考えはじめました。」

 

―どうして岡山の総社を選ばれたんですか?

「ちょうど親族が岡山に住んでいる縁から、引っ越し先に岡山を考えていました。

最初は、海の近くがいいなと思って、児島、玉野、下津井など見てまわっていたのですが、なかなかピンとくる物件に出会えず…。

そんな時に知り合いから総社が住みやすいという話を聞き、探してみることにしました。

またおもしろい不動産屋が総社にあると紹介してもらい、タルト不動産を知りました。」

 

タルト不動産を知ってくださった経緯には、とてもありがたいご縁がありました。

知り合いの、知り合いの、知り合いの方(僕がお世話になっている方)が紹介してくださり、みなさんが繋いで下さいました。

お名前は伏せますが、本当にありがとうございます。

 

―家を見に来た時の印象はどうでしたか?

「実はタルト不動産のサイトで、この家を見つける前に、別のサイトで物件のことは知っていました。

その時に載っていた写真を見ると、周りの家が近そうに感じて見送っていました。

工房をするとなると、近隣の方との関係も重要なんです。

タルト不動産で写真を見るとそんなことは無さそうでしたし、色々な写真が載っていて、工房と生活のイメージができました。

実際に来てみて、イメージ通りだったので、すぐに決めることができました。」

 

正島さんは、最初から家の手直しは自分でするとおっしゃっていました。

福岡の工房も自分でされたみたいなので、どんな家になるのか、すごく楽しみにしていました。

2015年末に引っ越してこられて、久しぶりにお電話するとだいぶ工事が進んだとのことで、久しぶりにうかがってきました。

1740454
 

もともと分かれていたダイニングキッチンと和室の壁を取ってをワンルームに。

壁付けだったキッチンを移動して斜めに配置。

天井を抜いて梁をあらわしにし、開放感のあるLDKになっていました。

 

以前のダイニングキッチン。

P1130180キッチン(before)

P1130184ダイニング(before)

P1130242横にあった和室(before)

P1740460リビング・ダイニング・キッチン(after)

 

―ほんとに2人でされたんですか?!

「はい、2人で2ヶ月くらいかけて、コツコツやりました。

つくっているときはまだいいんですが、解体が本当に大変で。。

壊しながら、どうするか考えていたので、先がなかなか見えず、肉体的にも精神的にも疲れました(笑)。

でも、まだまだ途中なんです。壁を塗装したいし、窓もつけたい、キッチンもむき出しだし。。

終わりはないのかもしれません。」

 

P1740492
 

P1740495
 

続いて窯を見せていただきました。ここはもともとガレージでした。

P1740502
 

P1740530
 

P1740541
 

続いて、作業場へ。ここは納屋でした。

P1740574
 

―納屋が作業スペースになったんですね!

「そうなんです。ここも解体が大変で(笑)

でも解体しただけで、ほとんどそのままなんですよ。

以前の工房より広くなって、とても使いやすいです。」

 

僕にとって、納屋は思い入れがありました。

以前の写真を見ると、今の作業スペースの引き戸と同じです。

タルト不動産で募集をしていたとき、ページのメインカットにしていました。

P1130346納屋から畑を見る(before)

 

他にもたくさん良い写真はあったのですが、なぜか迷わず、納屋から畑を見ている写真をメインにしました。

この家は売りに出されて、しばらく人が住んでいませんでした。

しかし、売り主さんが、空気の入れ替えと、畑の野菜を見に、定期的に来ていました。

僕が写真を撮りに行った時も、売り主さんは畑仕事をしながら、この家のことを色々と教えてくれました。

お父さんが頑張って建てた家。

家族5人が暮らした思い出の家。

この納屋は真っ暗で、埃っぽくて、モノがあふれていたけれど、畑仕事をするときは写真のようにイスを置いて、唯一まだ使われていた場所。

扉の先に見える光がとてもきれいに見えました。

 

こんな風に住み継いでもらえると、本当に嬉しくなります。

P1740576
 

P1740595
 

P1740614
 

P1740608
 

―最後に、これからのことを教えてください。

「展示スペースをつくる予定にしています。

作品を実際に見て、触れてもらえる場所にしていきたいと思っています。」

 

正島さんがおっしゃるように、この家に終わりは無さそうです。

また展示スペースができましたら、タルト不動産でも告知させていただきます。

正島さん、ご協力本当にありがとうごいます。

みやけ

 

P1740643
 

P1740641
 

P1740662
 

All photos by タルト不動産/タルトデザイン