「紙事」 渡邊さんの家 style_11

タルト不動産を利用してくださったお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

11回目は、「紙事の渡邊絢さんです。

渡邊さんは、「紙」を扱ったお仕事をされています。

●P2260127
 

最初に問合せをいただいたのは、2016年の6月でした。

実家のある九州から電車を乗り継いで、総社のタルト不動産まできてくれました。

 

―どうして岡山へ移住しようと思われたんですか?

「仕事柄、全国の色々な場所にいく機会があります。

その度に、どこか落ち着いて生活のできる場所を探していました。

長野県や山梨県など、いくつかリストアップして、賃貸情報を見たりしていました。

そんな時に、パッと岡山のことを思い出しました。

岡山には何度か来たことがあって、良い印象を持っていたんだと思います。

改めて街を歩いてみると、住みたいと思うような家がいっぱいありました。 

なんか良いかもしれないと思っていたら、ちょうど岡山で仕事の話がきたんです。

それから移住のことを真剣に考え始めて、物件を検索しているときにタルト不動産をみつけました。」

 

渡邊さんは、アトリエ兼住居となるような、戸建てで古くて小さな家を探していました。

最初にいただいたメールの中に印象的な言葉がありました。

 

「エリアとしてのこだわりはなく、縁がある場所と家に出会えたら、そこかな、という感じで思っています。」

 

渡邊さんにちょうど良さそうな、小さな平屋のことが思いつきました。

お話をうかがったあと、そのまま内見へ行くことになりました。

タルト不動産では、「改装可・60’S平屋」というタイトルで紹介していた家です。

P1800891before

P1800854before

 

―内見してみていかがでしたか?

「土壁の色や、床の間の感じが、小さい頃大好きだった祖父母の家によく似ていたんです。

ただいまっていう感じでした(笑)。

間取りもちょうど良くて、それぞれの部屋にちゃんと役割ができそうでした。

うん、はじまるな、という気分になりました。」

 

●P2260179
 

P2260040
 

●P2260187
 

●P2260110
 

―住み始めてみていかがですか?

「8/1に引っ越してきたので、半年くらい経ったのですが、もっと長く住んでいる気がします。

オーナーさんが、引っ越し前には近隣の方へご挨拶をしてくださっていました。

だからご近所さんとはすぐに仲良くなることができて、夏にはすだれをつけてくれたり、食べ物を差し入れしてくれる方もいます。

女性の一人暮らしなので心配なこともあるのですが、守られてるなあと感じます。」

 

P2260043
 

P2260154
 

●P2260194
 

P2260201
 

「庭では野菜やハーブを植えています。

買わないでもいいくらい、よく育つんですよ。

今は麦にチャレンジしています。」

 

P2260063
 

P2260066
 

●P2260081
 

●P2260089
 

―どうして紙を使った仕事をするようになったんですか?

「以前は編集の仕事をしていました。

でも、全然違う部門へ異動になったことをきっかけに、今後の仕事について考えました。

私は小さいころから「紙」を集めることがすごく好きなんですが、どうにか紙に関係した仕事ができないかと思うようになりました。

そんな時に友達からもらったクライスターパピアを思い出しました。

クライスターパピアは、南ドイツを起源とする中世の紙染め技法のことです。

自分でもできるようになりたいと思い、すぐにドイツへ行って修行してきました。

日本に帰ってきてからは、紙を使った様々な仕事をしています。」

 

●P2260072クライスターパピア:渡辺さんの作品

 

●P2260135
 

―岡山ではどんな活動をされていますか?

KAMIORI KAORIさんのブティックでは『あなたのローマ字を整える』という文字の教室を行っています。

例えば手紙を読むと、その人の筆跡だからこそ言葉が声となって聞こえてきます。

お手本通りの文字ではなくて、人それぞれの気配が感じられるようなローマ字を探すお稽古の場です。

カリグラフィーの道具をベースにしつつも、ルールやテクニックに囚われない自分にしっくりとくる文字を一緒に探してゆきます。

ちょっとした一言やサインを、ひと手間さらっと書き添えるようになる日々を目指しています。

2月からは津山のVegetarian cafe Bonheur ボヌールさんでも行っています。」

 

「 紙事 」 instagram

 

かみごと【紙事】

《名》1.人が生まれたときから装備しているはずの感覚や勘のようなものを思い出させたり引き出すための紙しごとをするひと 2.紙でさまざまな間をつなぎ、残してゆくガイド。 3.“人と人”、“過去と現在”、“現在と未来”、“国と国”や“人と忘れ去られそうな小粋な習慣”などを紙を使って繋げるべく、紙で様々な試みをしているところの屋号。紙を折ったり、切ったり、選んだり、染めたり、紙に書いたり、紙にまつわるあらゆる方法を組み合わせて紙しごとを行なう。4.別名、“紙の人”ともよく言われる。

 

●P2260131
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

『Scarecrow(スケアクロウ)』 オープン style_10

タルト不動産を利用してくださったお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

10回目は、倉敷市南町でコーヒーとおやつの店『Scarecrow(スケアクロウ)』をオープンされた大江恭平さんです。

タルト不動産/タルトデザインは、内装のデザインと工事をお手伝いしました。

珈琲とおやつの店 改装計画 >>>

P2220579
 

―カフェを始めるまでの経緯を教えてください。

「高校生のころから漠然とですが、いつかカフェをやりたいと思っていました。

服飾系の学校に進学して、アパレル業界で仕事に就いたんですが、その間もずっとカフェのことを考えていました。

お客さんの生活の一部になるような、日常的に使ってもらえるようなお店がやりたい。

やるんだったら20代のうちにと思って、1年くらい前から物件探しを始めました。

タルト不動産を知ったのはその頃です。」

 

「たまたま車で通りかかったときに、今のテナントを見つけました。

美観地区からは少し離れますが、以前から気になっていた通りでした。

まわりに小さなお店がいくつかあって、いい雰囲気だなと思っていました。

すぐに問合せたのですが、すでに申込が入っていて。。

でも、数カ月経った頃、キャンセルになったと分かりました。

そこから一気に話が進んでいきました。」

 

P1960364
 

―最初にこの物件を見たときの印象はどうでしたか?

「以前は、魚屋をされていたそうです。

広さがちょうど良かったのと、入口のオープンな感じが気に入りました。

ただ傷みや汚れがあったので、内装をどうしようかなと思いました。

工事業者さんを紹介してもらったりしたのですが、あまりピンとこなくて。

そこで別件で問合せをしていたタルトさんに相談をしました。」

 

P1960301before

P1960310before

 

大江さんから相談をいただいて、一緒に現地を見に行きました。

地域の人たちに、日常的に使ってもらえるようなお店にしたい。

カウンター席をつくって、一人でも気軽に来てもらえるようにしたいなど、具体的なお話をうかがいました。

それから約2ヵ月、打合せを重ねて工事はスタートしました。

 

P2060680
 

―工事中は大江さんも塗装をしたり、棚をつくったりされましたがいかがでしたか?

「すごく楽しかったです。

タルトさんと相談して、内装は最初からあまりつくりこまず、お店をやりながら変えていくことができるようにしました。

これからも手を加えていきたいです。

また現地で作業をしていると、近所の人にたくさん声を掛けてもらいました。

オープンに向けて、ちょっとずつ街の人たちとの距離が近づいていく気がしました。」

 

P2220575
 

―オープンをしてみていかがですか?

「一人でいらっしゃって、本を読んだり、仕事をしたり。

友達や子供連れでいらっしゃって、お話をされていたり。

工事中から気にしてくれていた近所の人たちも、最近ではリピートしてくれるようになりました。

幅広い年代の方に使ってもらえて嬉しいです。」

 

P2220653
 

―どんなメニューがありますか?

「ドリンクはコーヒー、紅茶、ココア、ジュースがあります。

コーヒーはBESSO COFFEE さんに協力してもらって、オリジナルブレンドを提供しています。

しっかりと飲んでいただきたいのでマグカップでお出しします。

毎日でも飽きないような、すっきりとしたブレンドにしています。

またコーヒーに合うようなおやつを、店内でつくっています。

ガトーショコラ、チーズケーキ、タルト、シフォンサンドといったケーキから、

マフィンやクッキー、ビスコッティがあります。

テイクアウトもできますのでお気軽におっしゃってください。」

 

P2220673
 

P2220684
 

P2220621
 

―今後はどんなお店にしていきたいですか?

「いずれ、フードの提供をしていきたいと思っています。

あと夜は21時まで営業しているんですが、お仕事の後に利用してもらいやすいように、営業時間も見直していこうと思っています。

お店の情報は、フェイスブックインスタグラムをチェックしてみてください。」

 

「スケアクロウは日本語にすると”かかし”なんですが、目印といった意味もあるんです。

街や生活に溶け込んで、色んな人たちの目印になれたらと思っています。」

 

P2220714
 

『 coffee&more Scarecrow 』

岡山県倉敷市南町1−37

営業日/不定休(*フェイスブックで確認ください。)

営業時間/10時~21時

facebook / instagram

 

P2220723
 

All photos by タルト不動産/タルトデザイン

『古道具 こころね』 オープン style_9

タルト不動産を利用してくださったお客さまに、その後の様子を取材させていただく企画。

9回目は、岡山市中区古京町でお店をオープンされた『古道具 こころね』さんです。

●P2160903
 

「古道具 こころね」さんは以前に、店舗営業をされていたこともありました。

最近は、オンラインショップで販売したり、イベントに出店したりされていました。

 

―またお店をやりたいと思われていたんですか?

「いえ、店舗は考えていませんでした。

たまたま知人から、タルト不動産を教えてもらいました。

何となくホームページを開いたのですが、見始めると面白くて。

気づいたら、さかのぼって全部見ていました。

そこで、この物件を見つけたんです。

写真を見ていると、一気にお店のイメージが湧きました。

そうしたら急にドキドキしてきて。。

ここだったら、またお店ができるかもしれない…、やりたい…と思いました。」

 

タルト不動産では「郵便局と内田百間の生家跡のナナメ前」というタイトルで紹介していました。

P1930530before

 

―実際に内見をしてみていかがでしたか?

「イメージ通りでした。

手前のスペースをお店にして、奥のスペースはバックヤードにして。

間仕切りには、細長い窓をつけよう。

あまり手を加えないでシンプルな箱にしようと思いました。」

 

●P2160877

 

●P2160890

 

●P2160912 

 

―オープンまではいかがでしたか?

「内装の工事には、約1ヵ月くらい掛かりました。(トイレの新設や電気工事など)

床のシートや天井を剥がしてみて、状態をみながら内容を決めていきました。

塗装は自分でやったのですが、天井部分は特に大変でした。

あとオーナーさんが気にかけてくれて、色々と協力してくださったのはありがたかったです。」

 

P2160929
 

●P2160955
 

●P2170024
 

―オープンされてみていかがですか?

「こんな日がまたくるとは思っていませんでした。

でも、お客さまに実際に商品を手に取っていただけること、お客さまと会話ができることがとても嬉しいです。」

 

●P2160962
 

●P2170002
 

●P2170029
 

―これからどんなお店にしていきたいですか?

「一人で仕入れから販売までしているので、営業は週に3日間(日、月、火)になります。

この場所で、このペースで、たんたんと続けていきたいと思っています。

 

もしかしたら最初は入りにくいかもしれませんし、買うものがないかもしれません。

全然気にしないで構わないので、気軽にご来店いただければと思います。」

 

●P2160974
 

『古道具 こころね』

岡山市中区古京町1-2-14(*駐車場は店舗の真横にあり)

(086)201-0419

営業日/日・月・火

営業時間/11時~16時

facebook / instagram / http://www.kokorone.life/

●P2160804
 

●P2160849
 

●P2160825
 

こころねさん、取材ご協力本当にありがとうございます。

僕はこの2点を連れて帰りました。

P2170177
 

P2170165
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

猫と暮らすための小さな家 style_8

お客さまに、引っ越し後の様子を取材させていただく企画。

8回目は、タイ古式マッサージのサロンを石関町でされている『Fu-a』の小林芙美子さんです。

 

市内某所にある、築50年の小さな貸家。

タルト不動産/タルトデザインは、入居までのサポートと改修工事をお手伝いさせていただきました。

●P2110383
 

―引越しのきっかけを教えて下さい。

「以前はサロンの1階に住んでいたのですが、いずれ住まいと仕事場は分けたいなと思っていました。

また、そのタイミングで猫を飼いたかったんです。」

 

―いつ頃から、どのような条件で探していたんですか?

「2015年の中ごろから、猫が飼える賃貸を探し始めました。

エリアを絞っていたので、なかなか気に入った物件が見つからなくて。

それでも20件くらいは内見しました。」

 

―この家との出会いは、どのような感じでしたか?

「2015年に、一度内見していました。

立地はすごく良かったのですが、室内はそのまま住める状態ではなくて。

その時はイメージが湧かず、現実的ではありませんでした。

 

引き続き、物件探しをしていたのですが、全然見つからず。。

あの家を何とかできないのかなと思うようになりました。

そんな時に、知人からタルト不動産を教えてもらいました。

リノベーションもしているようだったので、相談してみることにしました。」

 

P1870710before

P1870586before

P1870611before

 

2016年の6月、小林さんからお問合せがありました。

築50年の小さな貸家。

タルト不動産でもご紹介していたので、この物件のことは知っていました。

現状の傷みがある状態のまま貸出し。

改修費用は入居者さん負担。

その代わり賃料は相場よりは抑えられていました。

 

小林さんが知りたかったのは、大きく以下の2点でした。

・改修にいくら掛かるのか。

・建物は大丈夫なのか。

 

そこで小林さんが直したい箇所をヒアリングして、改修のご提案をしました。

内容としては、床の張替、雨漏れの補修、一部壁の張替、浴室の改修、TVアンテナ工事、建具の補修などなど。

 

快適に住むために、やりたいことはたくさんある。

とはいえ賃貸でいつまで住むか分からないから、どこまで費用を掛けるのか。

打合せを重ねて内容を決めていきました。

 

また現地では床下を見て白蟻のチェック、外部と内部から雨漏れのチェックをしました。

古い建物なので、リスクについても、しっかりと理解してもらってから進めていきました。

7月から打合せスタート、8月末には工事完了、9月にはお引越しされました。

 

―引っ越してみていかがですか?

「キッチンが広くて、もともとオーブンもついていたので、料理がしやすいんです。

1階でごはんを食べながら、のんびりしている時間が多いですよ。」

 

●P2110204
 

●P2110114
 

―猫ちゃんの様子はいかがですか?

「すぐに馴染んでくれました。

窓が多い家なので、猫はよく窓際で日向ぼっこしています。

その分、夏は暑かったし、冬はきっと寒いですよね。

やっぱり1階にもエアコンをつけようかなと思っています。」

 

●P2110193
 

●P2110173
 

●P2110128
 

―今回、塗装は小林さんが自分でされました。やってみていかがでしたか?

「玄関引き戸、キッチンまわり、建具、2階の壁…。

ほとんど経験はなかったけど、何とかできました。

ただ夏の一番暑いときだったし、思ったより面積が広かったので、本当に疲れました。

最後の方は、ちょっと雑なところもあるんです。(笑)」

 

●P2110226
 

●P2110242
 

●P2110246
 

●P2110272
 

●P2110354
 

●P2110358
 

●P2110361
 

●P2110344
 

●P2110334
 

(All photos by タルト不動産/タルトデザイン)

 

―家のことで、これからやりたいことはありますか?

「お風呂を直したいなとか、壁を塗りたいなとか。。

まだまだあるんですが、住みながらちょっとずつ手を入れていこうと思っています。」

 

今回は、貸店舗のような進め方で、賃貸住居としては珍しいケースだと思います。

また一ついい経験をさせていただきました。

 

小林さん、取材ご協力本当にありがとうございます。

 

タイ古式マッサージ・一軒家サロン

Fu-a(フーア)

岡山市北区石関町3-16

http://www.fu-a-fu-a.jp/

 

みやけ

1 / 31.23.最後 »